ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 神戸市立博物館開館40周年記念特別展「よみがえる川崎美術館―川崎正蔵が守り伝えた美への招待―」記者発表会の開催

最終更新日:2022年6月21日

神戸市立博物館開館40周年記念特別展「よみがえる川崎美術館―川崎正蔵が守り伝えた美への招待―」記者発表会の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月21日)
 日本初の私立美術館、100年ぶりに神戸によみがえる―
 令和4年(2022)年10月15日(土曜)から12月4日(日曜)まで、神戸市立博物館(神戸市中央区)では、神戸市立博物館開館40周年記念特別展「よみがえる川崎美術館―川崎正蔵が守り伝えた美への招待―」を開催いたします。
 明治23年(1890)9月6日、神戸市布引の地に日本初の私立美術館「川崎美術館」が開館しました。創設者は川崎正蔵(1837~1912)。川崎造船所(現在の川崎重工業株式会社)や神戸新聞社などを創業した近代日本を代表する実業家です。古美術品の海外流出を憂えた川崎正蔵は、織田信長も所蔵した伝顔輝筆《寒山拾得図》(重要文化財・東京国立博物館蔵)などの中国絵画や、狩野探幽、円山応挙らの江戸絵画、仏像、工芸品など、日本・東洋美術の優品を幅広く収集しました。金融恐慌をきっかけにコレクションは散逸し、美術館の建物も災害などによって失われてしまいましたが、その作品は国内外で約200点の現存が判明しています。本展では、国内外で守り伝えられてきた名品ぞろいの「川崎コレクション」が、ゆかりの地・神戸で再会します。
 つきましては、下記の概要で記者発表会を開催いたします。当日は、本展に出品される『長春閣鑑賞』(川崎重工業株式会社蔵)を特別公開いたします。ご多忙中の折とは存じますが、何卒、ご出席賜りますようお願いいたします。

記者発表会概要

日時

令和4年(2022)7月6日(金曜) 14時~15時30分(受付:13時30分~)

会場

神戸市立博物館(神戸市中央区京町24番地)
 ※当日は西側通用口よりご入館ください。

内容

・14時~ 地階講堂 
 ○挨拶 神戸市立博物館 名誉館長 鳥居 聡
 ○ご挨拶 川崎重工業株式会社 執行役員総務本部長 細川勝伸 様
 ○見どころ解説 神戸市立博物館 学芸員 中山創太

・15時~15時30分 地階講堂前
 ○作品特別公開 川崎芳太郎編『長春閣鑑賞』(川崎重工業株式会社蔵)
 撮影について:作品へのストロボの直当はできません。白い紙や天井にバウンスしてご使用ください。

※会場の定員数に達した場合、1媒体2名様までとさせていただきます。
※ご来館の際には、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のための取り組みにご協力ください。

記者発表会 参加申込

令和4年(2022)7月5日(火曜)中に別紙の参加申込書に必要事項をご記入の上、E-mailにて下記の広報事務局まで申し込みください。
記者発表会参加申込書(PDF:246KB)

「よみがえる川崎美術館」広報事務局(共同PR内)
担当:三井
E-mail:kawasaki-m-pr@kyodo-pr.co.jp
TEL:03-6264-2382 / FAX:0120-653-545
〒104-0045 東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア10階

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局博物館学芸課 

〒650-0034 神戸市中央区京町24