ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年9月 > 神戸市立博物館開館40周年記念特別展「よみがえる川崎美術館―川崎正蔵が守り伝えた美への招待―」記者発表会の開催

最終更新日:2021年9月30日

神戸市立博物館開館40周年記念特別展「よみがえる川崎美術館―川崎正蔵が守り伝えた美への招待―」記者発表会の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年9月30日)
 神戸市立博物館では、神戸市立博物館開館40周年記念特別展「よみがえる川崎美術館―川崎正蔵が守り伝えた美への招待―」(会期:令和4年(2022)10月15日(土曜)から12月4日(日曜)予定)の開幕1年前にあたる令和3年(2021)10月15日(金曜)に記者発表会を開催いたします。
 川崎正蔵(1837~1912)は、川崎造船所(現在の川崎重工業株式会社)等を創業した実業家です。古美術品の海外流出を憂えた川崎正蔵は、織田信長も所蔵した伝顔輝筆「寒山拾得図」(重要文化財・東京国立博物館蔵)などの中国絵画や、狩野探幽、円山応挙らの江戸絵画、仏像、工芸品など、日本・東洋美術の優品を幅広く収集し、明治23年(1890)9月6日、神戸市布引の川崎邸に日本初の私立美術館「川崎美術館」を開館しました。川崎コレクションは金融恐慌をきっかけに散逸しましたが、国内外で約200点の現存が判明しています。本展では、今なお守り伝えられている川崎正蔵の愛した作品が神戸で再会を果たし、約100年ぶりに川崎美術館がよみがえります。
 つきましては、下記の概要で記者発表会を開催いたします。当日は、本展に出品される狩野孝信筆「牧馬図屏風」(個人蔵)を特別公開いたします。

記者発表会概要

日時

令和3年(2021)10月15日(金曜) 14時~15時(受付:13時30分~)

会場

神戸市立博物館(神戸市中央区京町24番地)
 ※当日は西側通用口よりご入館ください。

内容

  • 14時~14時30分 南蛮美術館室(2階) 

 ○挨拶 神戸市立博物館 館長 大谷 幸正
 〇見どころ解説 神戸市立博物館 学芸員 石沢 俊

  • 14時30分~15時 特別展示室2(2階)

 〇作品特別公開 狩野孝信筆「牧馬図屏風」(個人蔵)
 ※撮影について:作品へのストロボの直当はできません。白い紙や天井にバウンスしてご使用ください。
 ※ご来館の際には、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のための取り組みにご協力ください。

記者発表会 参加申込

令和3年(2021)10月14日(木曜)中に別紙の参加申込書に必要事項をご記入の上、E-mailにて下記の広報事務局まで申し込みください。
記者発表会参加申込書(PDF:728KB)

「よみがえる川崎美術館」広報事務局(共同PR内)
担当:三井
E-mail:kawasaki-m-pr@kyodo-pr.co.jp
TEL:03-6264-2382 / FAX:0120-653-545
〒104-0045 東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア10階

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局博物館学芸課 

〒650-0034 神戸市中央区京町24