現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年4月 > 神戸の花で、神戸を元気に(フルーツ・フラワーパークでの花の展示と販売の開催)

更新日:2020年4月2日

神戸の花で、神戸を元気に(フルーツ・フラワーパークでの花の展示と販売の開催)

ここから本文です。

神戸花物語ロゴ

記者資料提供(令和2年4月2日)
 街を少しでも元気づけたいという市内の花農家の想いを形に!
 お庭の植替えシーズンを前に、これから種類が増える神戸産の花の展示と販売を道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢」の展示温室で開催します。
 園内にお越しの際は、ちょっとお立ち寄りいただき、春を飾る花々にふれてみませんか?

1.神戸産の花を使ったフォトスポット

設置場所:神戸フルーツ・フラワーパーク内ガラス温室展示イメージ図

設置期間:2020年4月3日(金曜)~12日(日曜)

装飾に使用する神戸の花(予定)

・西区伊川谷町産の花壇苗
・西区伊川谷町産の切花
・西区平野町・岩岡町のカーネーション

 

2.フラワーマルシェ

お気に入りの花をみつけて、お部屋やお庭の雰囲気を明るく変えてみませんか?案内図

販売場所:神戸フルーツ・フラワーパーク内ガラス温室

販売期間:2020年4月3日(金曜)~12日(日曜)各日10時~16時

販売予定の神戸の花

・西区伊川谷町産の花壇苗
・西区伊川谷町産の切花
・西区平野町・岩岡町のカーネーション

 

3.販売する神戸の花について

(1)西区伊川谷町の花壇苗

花壇苗 神戸市西区伊川谷町では、一年を通じて約400万鉢の多種多様な花壇苗が栽培されています。伊川谷町の花壇苗は、植えつけてからの育ちが良く関西の花市場から高い評価を得ています。

 

 

 

(2)西区伊川谷町の切花

ストック 神戸市西区伊川谷町のストックをはじめとする草花栽培は、明治初期に漆山地区・池上地区を中心に山野の草花を神仏の供花として栽培したのが始まりで、これまでに100年以上の歴史がある産地です。現在でも、多種多様な草花・枝物が栽培されていますが、秋から冬にかけてはストックを中心に栽培しています。ストックは甘い香りが特徴的な花です。

 

 

(3)西区岩岡町・平野町産のカーネーション

カーネーション 西区岩岡町・平野町ではスプレー系を中心に色とりどりの品種が栽培されています。30~40年前から北海道を中心に空輸で出荷されるようになり、11月から5月下旬ごろまで出荷されています。

 

 

 

 

4.取材について

花の展示や花の生産地の取材が可能です。取材を希望される報道機関の方は、神戸みのりの公社フルーツ・フラワーパーク部(電話番号:078-954-1010)にご連絡ください。

 

関連リンク

神戸花物語ウェブサイト(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局農水産課

一般財団法人 神戸みのりの公社
TEL:078-954-1010