現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年11月 > 食都神戸を考える大交流会の開催

更新日:2019年11月7日

食都神戸を考える大交流会の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月7日)
経済観光局農政部農水産課

食都神戸を考える大交流会の開催

~都市と農村が近い神戸のポテンシャルを活かし、世界に誇る食都の構築を考える~

 都市と農村が近いという神戸のポテンシャルを活かして、神戸の食文化を育てるにはどうすればいいのか、みなさんで考えて話し合う場を提供します。「食都神戸」となることで、農漁業者や食事業者、市民にとってどんなメリットがあるのかなども考慮しながら、世界に誇れる「食都神戸」の構築を目指し、みなさんで考えていきましょう!

 また、神戸で華めく「わがまち老舗」プロジェクト2019の表彰式も行います。今年から始まった「わがまち老舗」プロジェクトは、地域の食文化の継承と発展を図り、「食」を通じた地域の活性化を目指すプロジェクトです。初年度となる今年は、神戸の「わがまち老舗」を、候補として集まった80店舗の中から一般投票により選んでいただきました。長きに渡って市民や地域から愛され、地域の食文化の一角を守り続けてきた「わがまち老舗」はどんなお店なのか、ぜひみなさんの目でお確かめください。

1 開催概要 

(1)開催日 令和元年11月27日(水曜日)

(2)時間 14時00分~17時30分

(3)場所 THE SORAKUEN(旧:相楽園会館)

  神戸市中央区中山手通5丁目3-1

 (神戸市営地下鉄山手線「県庁前駅」から徒歩8分)

(4)開催内容

 ○ 第一部:神戸で華めく「わがまち老舗」プロジェクト2019表彰式

 ○ 第二部:「食都神戸」を考えるワークショップ

  ファシリテーター:Graf 服部滋樹 氏

(5)主催  神戸市

2 申込方法

以下URLにアクセスし、必要事項を入力のうえ申し込みしてください。

https://kobecity-official-event.jp/form/849

定員:150名(先着順、参加無料、11月22日(金曜)まで)

 

3 食都神戸とは

 瀬戸内海に面した港町神戸は、都市と農村が近く、豊かな自然に囲まれ、質の高い農水産物が生産されています。また、港町として交易を中心に栄えてきた経緯から、他の都市では見られない独自の多様な食文化が醸成されています。

 この神戸が持つポテンシャルを活用し、農水産物のブランド化や、海外への輸出、神戸らしい新たな食の開発など、食ビジネスを育て、食ビジネスを活かし、食を軸とした新たな都市戦略「食都神戸」を掲げ、世界の人々が集い、食で賑わう、そんな世界に誇る食文化の都の構築をすすめます。

 

関連資料   

食都神戸を考える大交流会 チラシ(PDF:932KB)

関連リンク

 神戸わがまち老舗2019 ウェブサイト 

https://www.gastropoliskobe.org/shinise-award2019/

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局農水産課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階