現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 記者発表2020年3月 > 神戸市からの要請に基づく外部調査の結果について

更新日:2020年3月19日

神戸市からの要請に基づく外部調査の結果について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年3月19日)
一般財団法人神戸みのりの公社 総務部 林崎、加藤
TEL:078-991-3912

令和元年6月12日付神戸市からの要請に基づき、不適切事案の存否等について調査を実施いたしました。不適切事案が疑われる事案についての調査結果を下記のとおり発表いたします。

1.不適切事案が疑われる事案の件数について

区分

件数(*1)

うち事実が

確認された件数

不適切な事務処理に関するもの

5

3

職場内規律違反に関するもの

2

2

不適切発言に関するもの

4

1

手当の支給に関するもの

1

0

(*1)外部弁護士事務所により設置及び実施された「臨時の情報提供窓口」及び「役職員へのアンケート調査」の結果、不適切事案が疑われると報告された件数

2.事実が確認された事案に対する是正措置等について

〇不適切な事務処理に関するもの

<概要1>

六甲山牧場において、飼育を担当する職員が、平成25年ころから令和元年11月の間、死亡した動物(めん羊・山羊・豚・うさぎ・あひる・モルモット)を立ち入りできないエリアに埋却していた。

<是正措置等>

法令違反の疑いがあるため、警察への通報を行った。また、神戸市環境局・保健福祉局等への報告を行い、指導を受け安全性を確認した。

動物が死亡した際の処理マニュアル、動物の管理台帳の再整備及び管理状況等のチェック体制の再構築を行うなど再発防止策並びに土壌消毒等衛生上の対策を実施した。

関係職員に対して、処分を行う。

<概要2>

六甲山牧場において、飼育を担当する職員が、平成28年2月から平成30年9月の間、西側の未開放エリアに、食品として使用できない牛乳を散布していた。

<是正措置等>

法令違反の疑いがあるため、警察への通報を行った。また、神戸市環境局への報告を行い、指導を受けている。

平成30年10月以降は、堆肥化処理により是正しているが、処理方法の徹底を図った。

関係職員に対して、処分を行う。

<概要3>

前役員が、売店改装工事において、実績等から特定の業者に依頼することが適切と判断し、契約事務審査会において十分な議論がなされずに随意契約を行っていた。

<是正措置等>

契約規程に基づき、随意契約時の理由等の厳正な審査・検証と手続きの徹底を図った。

〇職場内規律違反に関するもの

<概要4>

前役員が、業務とは関係ない移動に公用車及びETCカードを利用していた。

<是正措置等>

前役員に対し、私的利用と確認されたETCカードの使用料及び走行距離に相当するガソリン代の返還を求める。

<概要5>

前役員が、販売促進目的のイベントにおいて、来賓等へ接遇として振舞うことに合わせて、販売用ワインを自らも飲んでいた。

<是正措置等>

販売促進目的のイベントにおける節度ある接遇、ワインの無料提供の記録の徹底を図った。

〇不適切発言に関するもの

<概要6>

前役員により適正な範囲を超える不適切発言があった。

<是正措置等>

役員・管理職をはじめ、職員に対して、パワーハラスメント研修を実施する。

3.今後の対応等について

・綱紀粛正及び服務規律の確保について全職員に対し通知した。

・コンプライアンス研修やパワーハラスメント研修を実施する。

・来年度から新たに外部通報制度を導入する。

・前役員に対し、報酬の一定割合の自主返納を求める。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局農政部農水産課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階