現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 農漁業を知る・楽しむ > 食都神戸関連 事業者公募

更新日:2021年2月24日

食都神戸関連 事業者公募

ここから本文です。

令和3年度「食都神戸」関連事業における総合運営業務委託事業者の公募について

令和3年度の「食都神戸」関連事業を総合的かつ効率的に運営し、かつ斬新なアイデアの提案により複数の事業を横断的に連携させる民間事業者を公募いたします。

1.業務概要

(1)「食都神戸」関連事業総合運営事務局業務
 多岐に渡る食都神戸関連事業の総合運営事務局として広報・問合せ・運営を一括して担う。また、市と民間企業等の情報共有機関である「仮称:神戸食文化創生会議」の会議運営をサポートする。今回新たに示されたビジョンを食都神戸ホームページ等でわかりやすく広報する。
(2)食文化創造事業企画・運営等業務
 まち全体で「食べること・育てること」に対する市民の関心を高めるため、公園での果樹の植栽や、建築やアートなど多様なジャンルのクリエイターと連携し、新たな視点で「神戸の食」や産地の魅力を体験する機会を作る企画を提案・運営する。
(3)「食都神戸」イベント企画・開催業務
 平成27年度から、東遊園地のファーマーズマーケットに合わせて、年に1回の拡大イベントとして「食都神戸DAY(FARM TO FORK)」を開催している。令和3年度は、東遊園地から開催場所を移して実施する。
(4)ローカルフードの魅力発信業務
 いちじく、イチゴ、須磨海苔、しらす、ハモなどの神戸産の農水産物を使用し、市内飲食店等の参加店舗がオリジナルメニューを開発し、期間限定で提供・販売するフェアを企画・運営しPRを行う。
(5)食文化広域ネットワーク構築事業
 瀬戸内における食に関する先進的な取り組みや地域課題を共有し、相互の食文化の向上に資するネットワークを形成するための企画を開催する。

2.公募資料

(1)食都神戸総合運営業務 委託事業者公募要領(PDF:397KB)

(2)食都神戸総合運営業務 事業者公募仕様書(PDF:1,049KB)

(3)申請書様式(WORD:106KB)

(4)参考資料(PDF:583KB)

 

 

【募集終了】「食都神戸」輸出用商品開発 事業者募集について

 神戸市では平成27年度から、農漁業地域と都市地域が近接する神戸のポテンシャルを活かし、食を軸とした新たな都市戦略として「食都神戸」事業を推進しています。

 その一環として、新たな海外販路の開拓及び海外でのブランド価値の向上につなげるため、神戸市漁業協同組合、兵庫六甲農業協同組合、流通事業者、加工事業者等とともに「食都神戸」海外展開促進協議会を設立しました。

 このたび、同協議会は、神戸産農水産物を使用した輸出用商品開発に係る経費の一部を補助する事業者を募集します。

1.補助対象

(1)事業内容

神戸産農水産物(神戸市内で生産(水揚げ)された農水産物)を使用した輸出用商品開発

※特に活用を推進する農水産物:山田錦、いちご、北神ねぎ、須磨海苔、ちりめん、里山地域の竹

(2)事業者

法人格を有する団体、法令に基づき設立された組合、またはそれらに属する組織

2.補助金額

補助対象経費の2分の1以内(上限50万円)

協議会構成員との共同開発の場合は3分の2以内(上限100万円)

※ただし、審査の結果、補助金額を減額する場合があります。

3.申請方法

申請書の原本を持参または郵送により提出

・提出先

「食都神戸」海外展開促進協議会事務局

神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階 神戸市経済観光局農水産課内

・応募資料等

令和2年度「食都神戸」輸出用商品開発事業実施要領(PDF:177KB)

令和2年度「食都神戸」輸出用商品開発事業審査要領(PDF:144KB)

様式集(WORD:30KB)

4.補助事業スケジュール

内容

日程

事業者募集開始

令和2年12月1日(火曜)

申請書一次募集締切(終了) ※1

令和2年12月21日(月曜)正午

申請書二次募集締切(募集中)

令和3年1月15日(金曜)正午

事業者審査会(二次募集分) ※2

令和3年1月19日(火曜)予定

補助金交付決定通知

令和3年1月20日(水曜)予定

補助対象事業完了

令和3年3月19日(金曜)まで

実績報告

令和3年3月23日(火曜)午後5時まで

補助金支払

令和3年3月末予定

※1 1次締切以降に提出された申請に関する審査及び決定通知の予定については、上記の食都神戸事業者公募ページにてお知らせいたします。(予算がなくなり次第、申請書の最終締切よりも早く募集を終了する場合があります)

※2 社会情勢を鑑み、審査方法及び日程を変更する場合があります。

5.「食都神戸」海外展開促進協議会 構成員

神戸市漁業協同組合、兵庫六甲農業協同組合、一般財団法人神戸みのりの公社、株式会社CUADRO、神果神戸青果株式会社、神戸中央青果株式会社、神戸市経済観光局

6.問い合わせ

「食都神戸」海外展開促進協議会事務局

神戸市中央区御幸通6丁目1-12 三宮ビル東館3階 神戸市経済観光局農水産課内

TEL:078-984-0380

FAX:078-984-0378

E-mail:shokuto@office.city.kobe.lg.jp

7.関連ホームページ

「食都神戸」海外展開促進協議会ホームページ「FIND KOBE」

http://findkobe.com/

食都神戸ホームページ 

https://www.gastropoliskobe.org/

 

【募集終了】「食都神戸」実践モデル活動支援業務 事業者募集について

農漁業の6次産業化や農商工連携など、農漁業の経営スタイルが急速に多様化しているなかで、神戸市内においても、新たな品目の生産や農水産物の加工に取り組む農漁業者、地産地消にこだわりをもつ飲食店、地場産食材による新たな商品開発に取り組む企業など、神戸の農漁業と連携した新たな事業展開が広がりつつあります。

一方、神戸市では、平成27年度から「食都神戸」を掲げ、農漁業者や食関連事業者、一般市民が「神戸の農漁業や食」に対する意識を高め、積極的に活用することで、国内外から神戸が新たな食文化の都として注目される街づくりをすすめています。また、従来消費者の立場であった都市地域の市民にとっても、新しい「食」「農業」との関わり方が求められると考えられます。

この「食都神戸」に共感し、神戸の風土で育まれた様々な食を活用して、「地産地消の推進」や「世界への神戸ブランドの発信」を目的に、市民や事業者が実施するモデル的な活動を、市としてサポートするため、この度「食都神戸」実践モデル活動支援事業につきまして令和2年度に取り組む事業者を以下のとおり募集いたします。

1.事業内容

(1)事業メニュー1

神戸産農水産物を活用した新商品開発や神戸の新たな特産物づくり

(2)事業メニュー2

神戸の街の新たな「食」の価値の創造につながる先進的な活動

(3)事業メニュー3

神戸の都市地域における農業体験及びコミュニティ形成の場の提供

2.補助対象者及び受益者数

(1)事業メニュー1

事業対象者:市内農漁業者、または市内農漁業者と連携する民間事業者等

受益者:事業効果が、市内農漁業者3戸以上に対して見込まれること

(2)事業メニュー2

事業対象者:市内に拠点を有する10者以上の事業者が構成する団体等

受益者:事業効果が、市内農漁業者および民間事業者10戸(社)以上に対して見込まれること

(3)事業メニュー3

事業エリア:西区・北区を除く市街化区域

事業対象者:市内に拠点を有する民間事業者・協議会・組合・任意団体等

受益者:事業効果が、都市地域の住民10名以上に対して見込まれること

3.補助率及び補助金額

(1)事業メニュー1

補助対象経費の2分の1以内(1事業あたりの上限50万円)

(2)事業メニュー2

補助対象経費の2分の1以内(1事業あたりの上限100万円)

(3)事業メニュー3

補助対象経費の2分の1以内(1事業あたりの上限20万円)

※1 審査の結果、補助金額が減額となる場合があります。

※2 補助金額は千円未満を切り捨てとします。

4.応募方法

(1)提出方法

所定の様式を郵送または持参

(2)応募窓口

神戸市経済観光局農水産課

住所:神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階

電話:078-984-0380

(3)応募期限

令和2年10月30日(金曜) 12時必着

※1 先着順に審査を行います。予算がなくなり次第、募集を終了いたします。

※2 複数年事業に取り組むもので、2年目以降の応募申請を行うものは、前年度の事業実績報告書を提出していなければ、応募できません。

5.応募後のスケジュール

(1)応募書類の審査 → 採択

・必要に応じてヒアリングを行う場合があります。

・審査により全部あるいは一部の事業について採択されない場合、補助金額が減額となることがあります。

(2)補助金等申請書類の提出 → 補助金等交付決定

(3)交付決定後、事業実施 → 事業完了 令和3年3月15日(月曜)まで

(4)事業完了後、実績報告書類等の提出、補助金請求

6.応募資料

実施要領(PDF:241KB)

審査要領(PDF:131KB)

応募様式(WORD:29KB)

 

【募集終了】「食都神戸」プログラムディレクション業務委託の公募開始について

 神戸市は、人口150万人を抱える大都市でありながら、北部・西部には農業生産額で近畿圏第3位を誇る農業地域(里山)、南部には瀬戸内海で営まれる漁業地域を有している。また、豊かな食材に加え、都心は港町として交易を中心に栄えてきた経緯から、独自の多様な食文化が醸成されている。

 本市では、2015年から都市地域と農漁業地域が近接した神戸独自のポテンシャルを最大限に活用し、神戸産農水産物を使用した飲食店等の拡大、里山の木材や環境を活用した商品開発など農を活用した食ビジネスを市内全域に展開し、国内外に発信する戦略として「食都神戸」を掲げ、世界の人々が集い食で賑わう食文化の都の創造をすすめている。

 本業務では、現在実施している「食都神戸」推進事業を検証するとともに、withコロナでの在り方も含めて、2030年に向けた長期的ロードマップの策定及び市民や事業者にとって分かりやすいデザイン化を民間事業者へ委託するものである。

1. 主な委託業務概要

 (1)これまでの「食都神戸」推進事業に関する調査・検証業務

 (2)「食都神戸2030ビジョン (仮称)」等策定業務

 (3)必要な体制の構築

 (4)その他

2. 公募資料

 事業者公募要領(PDF:378KB)
 申請書様式(WORD:121KB)
 仕様書(PDF:193KB)
 参考資料(PDF:1,469KB) 
 

3. 審査結果について

公募実施要領に記載する審査基準に基づき総合的に評価した結果、以下を優先契約候補者に選定します。

株式会社AKIND 75.8点

 B社 72.0点

 C社 70.8点

 

【募集終了】スローフードの理念に基づく食育推進事業委託事業者の公募について

スローフードの理念を若い世代を中心により広く普及させ、市民の食に対する関心及び安全安心な地場産農水産物への関心を高めることを目的とし、以下の業務について、委託先を公募により選定しました。

(令和2年7月22日更新)事業者選定結果を公開しました。

1.主な委託業務概要

(1)シンポジウムの開催

若い世代が食及び食育に興味・関心を持ち、情報交換やネットワーク形成のきっかけになるよう、先進的に行われている地産地消の取り組みや、食育の事例などをテーマにトークセッションや交流会等を含むシンポジウムを開催します。

(2)アカデミーの開催

食育に興味・関心のある一般の方を受講生として、食育を実践するための知識や手法、先進事例を専門的に学ぶアカデミーを開催し、講師となる専門家と受講生のつながりをつくることで継続的な活動につなげます。

2.公募資料

事業者公募実施要領(PDF:373KB)

食育推進事業委託仕様書(PDF:720KB)

申請書様式(WORD:98KB)

参考資料(PDF:81KB)

3.事業者選定結果について

本業務の提案審査会を開催した結果、以下のとおりとなりました。

(1)提案審査会について
開催日時 令和2年7月21日(火曜) 14時00分より開始
選定委員 5名
実施方法 プレゼンテーション、質疑応答

(2)上記提案審査会において、公募実施要領に記載する審査基準に基づき総合的に評価しました(100点満点)。

一般社団法人日本スローフード協会 72.0点

B社 65.4点
C社 59.2点 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局農水産課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階