ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > PFI法に基づく特定事業  「神戸フィッシャリーナ施設運営等事業」の選定について

最終更新日:2021年9月3日

PFI法に基づく特定事業  「神戸フィッシャリーナ施設運営等事業」の選定について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年9月3日)
神戸フィッシャリーナは、漁港内にプレジャーボートの係留場所を確保することにより、漁港施設の適正な維持管理を図り、漁業の振興と海洋レクリエーション普及に寄与するため、平成13年にPFIを導入して設置しましたが、令和3年度末をもって事業期間が終了します。
施設の適正な維持管理を引き続き図るため、令和3年7月に、PFI法に基づき「神戸フィッシャリーナ施設運営等事業実施方針」を策定し「PFI事業実施プロセスに関するガイドライン」に沿って、意見募集を行いました。
 このたび、当該実施方針に基づき客観的な評価を行った結果、「神戸フィッシャリーナ施設運営等事業」をPFI事業として実施することが適当であると認め、PFI法に基づき特定事業として選定しました。
※PFI法:民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律

1.事業概要

(1)事業対象施設

 ①所在地:神戸市垂水区海岸通12番地の一部及び地先

 ②対象面積:9,293平方メートル

(2)事業条件

①事業方式:PFI事業(RO方式)

②事業期間:令和4年4月1日から令和24年3月31日

③費用負担の取扱い:事業者は、本事業に要する資金を自ら調達し、本施設の改修・維持管理及び運営に関する費用を賄うとともに、本市に対して水面占用料を支払う。本市は、事業者に対し、本施設の改修・維持管理及び運営に関する費用を、施設管理料として条例に定める係留使用料収入の範囲内で支払う。

2.特定事業の選定について

本事業をPFI事業により事業実施することにより、本市が自ら事業を実施する場合に比べ、定量的評価及び定性的評価において効果を期待することができましたので、本市は、PFI法第7条に基づき、本事業を特定事業として選定しました。

詳細:https://city.kobe.lg.jp/a67688/kobefisharina.html

3.参考

 意見募集期間 令和3年7月16日(金曜)~8月27日(金曜)
 意見募集結果 0件

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局農水産課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階