現在位置

ホーム > ビジネス > 産業振興 > 農漁業 > 農家・漁家向け情報 > 漁業者の方へ

更新日:2020年9月17日

漁業者の方へ

ここから本文です。

神戸の自然豊かな海では、約220名の漁業者が漁船漁業や海苔養殖、観光漁業などの漁業を営んでいます。春を告げる風物詩“イカナゴ”、地域ブランド“須磨のり”、明石海峡の強い潮流で育つ“ちりめん”など、素晴らしい漁業と美味しい水産物は神戸の自慢です。

垂水漁港の昼網垂水漁港のさわら

1.漁港の管理

垂水、塩屋、舞子の3つの漁港を管理しています。特に垂水漁港は兵庫県でも有数の大きな漁港で、水産物直売所が隣接しており、いつでも神戸の水産物加工品が購入できます。また、毎月第1・3水曜日には漁業デーという鮮魚の直売イベントも開催しています。

他にも、須磨浦、須磨東、長田、兵庫の4箇所の漁船だまりでも活発な漁業が営まれています。

垂水漁港垂水漁港の画像

塩屋漁港塩屋漁港の画像

舞子漁港舞子漁港の画像

2.栽培漁業の推進

栽培漁業センターでは、「獲る漁業」から「育てる漁業」への転換を目指し、ヒラメ・マダイ・オニオコゼ・マコガレイ・アサリなどの種苗生産・中間育成を行い、神戸の海に放流しています。

栽培漁業センター(外部リンク)

3.漁業と海に触れる機会の創出

水産体験学習館(マリンピア神戸さかなの学校)では、漁業に関する体験学習、漁業者と市民との交流を図るため、塩づくり体験、乾のりづくり体験、海の恵み体験などのイベントを実施しています。

また、垂水区と須磨区の海づり公園では、親子海づり教室などの初心者向けの釣り教室を開催して、海に触れ合う機会を提供しています。

4.漁業共済・漁船保険の補助

漁業共済・漁船保険の加入者掛け金に対する助成をしています。

5.制度資金利子補給

神戸市は制度資金の借入者に対して利子補給事業を実施しています。

水産制度資金のご案内(兵庫県HP)(外部リンク)

施設整備に対する補助事業(国の産地水産業強化支援事業)

海苔の加工場、冷蔵・冷凍施設、荷捌き施設などの整備に要する費用を補助する事業です。漁業者・漁協・市などを構成員として産地協議会を設立する必要があります。

産地水産業強化支援事業の概要(水産庁HP)(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局農水産課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階