現在位置

ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 環境局 > 騒音 振動 大気汚染に関する届出と規制 > 粉じんに係る規制について > 大気汚染防止法に定める一般粉じん発生施設および兵庫県条例に定める特定施設の設備基準

更新日:2019年11月1日

大気汚染防止法に定める一般粉じん発生施設および兵庫県条例に定める特定施設の設備基準

ここから本文です。

法又は条例の規制の対象となる施設には、構造並びに使用及び管理に関する基準が次表の通り定められています

特定施設の設備基準の表
施設名 大気汚染防止法の設備基準 兵庫県条例「特定施設」の設備基準
1.鉱物(コークスを含み、石綿を除く)又は土石の用に供するたい積場 粉じんが飛散する恐れのある鉱物又は土石を堆積する場合には、次のいずれかに該当すること
  1. 粉じんが飛散しにくい構造の建築物内に設置されていること
  2. 散水設備によって散水が行われていること
  3. 防じんカバーで覆われていること
  4. 薬液の散布又は表層の締め固めが行われていること
  5. 前各号に掲げる場合と同等以上の効果を有する措置が講じられていること
2.運搬の用に供する施設(鉱物、土石又はセメントの用に供するものに限り、密閉式のものを除く)であって、次に掲げるもの
  • (1)ベルトコンベア
  • (2)バケットコンベア
粉じんが飛散する恐れのある鉱物、土石又はセメントを運搬する場合には、次のいずれかに該当すること
  1. 粉じんが飛散しにくい構造の建築物内に設置されていること
  2. コンベアの積込部及び積降部にフード及び集塵機が設置され、並びにコンベアの積込部及び積降部以外の粉じんの飛散する恐れのある部分には次号又は第4号の措置が講じられていること
  3. 散水設備によって散水が行われていること
  4. 防じんカバーで覆われていること
  5. 前各号に掲げる場合と同等以上の効果を有する措置が講じられていること
3.粉砕、摩砕の用に供する施設(鉱物、岩石又はセメントの用に供するものに限り、湿式のもの及び密閉式のものを除く)であって、次に掲げるもの
  • (1)粉砕機
  • (2)摩砕機
次のいずれかに該当すること
  1. 粉じんが飛散しにくい構造の建築物内に設置されていること
  2. フード及び集塵機が設置されていること
  3. 散水設備によって散水が行われていること
  4. 防じんカバーで覆われていること
  5. 前各号に掲げる場合と同等以上の効果を有する措置が講じられていること
4.ふるい(鉱物、岩石又はセメントの用に供するものに限り、湿式のもの及び密閉式のものを除く)
5.石綿を含有する製品の製造の用に供する施設(湿式のもの及び密閉式のものを除く)であって、次に掲げるもの
  • (1)解綿用機械
  • (2)混合機
  • (3)紡織用機械
  • (4)切断機
  • (5)研磨機
  • (6)切削用機械
  • (7)粉砕機又は摩砕機
  • (8)プレス(剪断加工用のものに限る)
  • (9)穿孔機
  1. 粉じんが飛散しにくい構造の建築物内に設置されていること
  2. フード及び集塵機が設置されていること
  3. 建築物内の通路及び床面並びに敷地内の清掃及び散水は、清掃及び散水のための装置を設置して行うこと
  4. 原料石綿、石綿含有廃棄物の保管は、密封して行い、運搬作業は防じんカバー等を設置して行うこと
6.食料品、飼料又は肥料(化学肥料を除く)の製造の用に供する粉砕施設(3の項に掲げるもの及び湿式のものを除く) 次のいずれかに該当すること
  1. 粉じんが飛散しにくい構造の建築物内に設置されていること
  2. フード及び集塵機が設置されていること
  3. 散水設備によって散水が行われていること
  4. 防じんカバーで覆われていること
  5. 前各号に掲げる場合と同等以上の効果を有する措置が講じられていること
7.化学肥料の製造の用に供する粉砕施設(3の項に掲げるものを除く)
8.顔料の製造の用に供する粉砕施設(3の項に掲げるもの及び湿式のものを除く)
9.窯業製品の製造の用に供する粉砕施設(3の項及び5の項に掲げるもの並びに湿式のものを除く)
10.炭素又は黒鉛製品の製造の用に供する粉砕施設(3の項に掲げるものを除く)
11.セメント、石膏、石灰又はクレーの製造又は加工の用に供する施設であって、次に掲げるもの
  • (1)粉砕施設(3の項及び5の項に掲げるもの並びに湿式のものを除く)
  • (2)ふるい(4の項に掲げるものを除く)
12.金属の加工又は機械の製造若しくは加工の用に供する砂処理施設のうち砂ふるい装置(4の項に掲げるものを除く)
13.化学工業品又は石油製品若しくは石炭製品の製造の用に供する(合成樹脂の製造又は加工の用に供するものを含む)粉砕施設(3の項及び5の項に掲げるものを除く)、ふるい(4の項に掲げるものを除く)及び研削施設
14.木材又は木製品の製造の用に供するチップ置場、研削施設、粉砕施設
15.べんがら製造の用に供する粉砕施設
16.金属粉製造の用に供する施設であって、次に掲げるもの
  • (1)粉砕施設
  • (2)カッター
  • (3)グラインダー
17.コークスの製造の用に供するコークス炉
  1. 装炭作業は、無煙装炭装置を設置するか、装炭車にフード及び集塵機を設置するか、又はこれらと同等以上の効果を有する装置を設置して行うこと
  2. 窯出し作業は、ガイド車にフードを設置し、及び当該フードからの粉じんを処理する集塵機を設置するか、又はこれと同等以上の効果を有する装置を設置して行うこと
    ただし、ガイド車又はガイド車の走行する炉床の強度が小さいこと、ガイド車の軌条の幅が狭いこと等により、ガイド車にフードを設置することが著しく困難である場合は、防じんカバー等を設置して行うこと
  3. 消火作業は、消火塔にハードル、フィルター又はこれらと同等以上の効果を有する装置を設置して行うこと

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局環境保全部環境保全指導課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 2階