現在位置

ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル・環境 > 生物多様性 > 神戸市生物多様性の保全に関する条例施行規則の改正に伴う意見募集の結果について

更新日:2019年11月1日

神戸市生物多様性の保全に関する条例施行規則の改正に伴う意見募集の結果について

ここから本文です。

市内で開発事業を行う場合は、神戸市生物多様性の保全に関する条例(以下、「多様性条例」という。)に基づき、小規模な開発事業についても、事業実施区域の自然環境の現状を把握し、自然環境への影響を回避・低減等するための保全措置を実施するとともに、工事着手の30日前までに届出を行う必要があります。
この度、市太陽光条例※1が施行されることに合わせて、多様性条例の届出が必要な対象事業を見直すため、市民の皆様のご意見を募集しました。

※1 市太陽光条例・・神戸市太陽光発電施設の適正な設置及び維持管理に関する条例(令和元年7月1日施行)。地上設置で売電目的の太陽光発電施設に対して、災害発生の防止並びに自然環境及び生活環境の保全を図ることを目的に、施設基準遵守や事前の許可申請等を義務付けます。同年10月1日以降に市内に太陽光発電施設を設置する場合、事前の許可申請等が必要となります。

意見募集期間(終了しました。)

令和元年7月8日(月曜)から令和元年8月6日(火曜)
(ご意見ありがとうございました。)

意見募集の結果

上記期間に意見募集を行いましたが、意見が提出されませんでしたので、以下の通り「神戸市生物多様性の保全に関する条例施行規則」を一部改正します。

改正内容

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314