現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年10月 > 令和元年度ヒアリ等広域モニタリング(秋季)の結果等について

更新日:2019年11月1日

令和元年度ヒアリ等広域モニタリング(秋季)の結果等について

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年10月31日)

1.ヒアリ等広域モニタリング(秋季)について

(1)調査概要

神戸市では、「神戸市ヒアリ等対策マニュアル」に基づき、コンテナヤードを除くポートアイランド及び六甲アイランドの全域、臨海部及び内陸部のデバン倉庫周辺において、ヒアリ等の生息確認のためモニタリング(誘引剤を用いた粘着トラップ調査)を実施しました(夏と秋の年2回実施)ので、調査結果について報告します。※デバン倉庫:コンテナから貨物を搬出する倉庫

(2)調査場所

ポートアイランド及び六甲アイランド全域と臨海部及び内陸部のデバン倉庫周辺

ポートアイランド及び六甲アイランドにおける調査範囲

図1:ポートアイランド及び六甲アイランドにおける調査範囲

 

(3)調査期間

  • ポートアイランド全域:令和元年10月1日(火曜日)~10月2日(水曜日)
  • 六甲アイランド全域:令和元年10月3日(木曜日)~10月4日(金曜日)
  • デバン倉庫周辺:令和元年10月5日(土曜日)~10月11日(金曜日)
    ※ポートアイランド及び六甲アイランドの調査範囲はコンテナヤードを除く。

(4)調査結果

ヒアリ及びアカカミアリは発見されませんでした。

(5)今後の予定

「神戸市ヒアリ等対策マニュアル」に基づくコンテナヤードにおける定期モニタリング(1回/月の実施(4月~10月実施済み))

 

2.外来種のアリ「ハヤトゲフシアリ(別名:ブラウジングアント)」の神戸市における初確認について

(1)概要

10月23日に六甲アイランドの港湾道路の歩道において、国内の複数の港周辺で確認されている外来種のアリ「ハヤトゲフシアリ」が神戸市で初確認されました。

ハヤトゲフシアリは、ヒアリのような毒針はなく、ヒトを刺すようなことはありませんが、生態系への影響が懸念されることから、今後は、環境省と連携して防除に取り組むなど適切な対応を実施していきます。

(2)経緯

10月21日

市民より環境省近畿地方環境事務所を通して、六甲アイランドの港湾道路の歩道において、ハヤトゲフシアリに似たアリの確認連絡あり

10月23日

本市において、連絡があった場所の目視調査を行い、ハヤトゲフシアリを疑うアリが散見される状況を確認するとともに、アリのサンプルを捕獲し、専門家に鑑定依頼

10月25日

専門家がハヤトゲフシアリの働きアリであることを確認

(3)ハヤトゲフシアリについて

  • 原産地は、南ヨーロッパです。
  • ヒアリのようなヒトへの直接的な被害はありません。
  • 在来種のアリや他の昆虫等を襲うため生態系に影響を与える可能性があることから、環境省で特定外来生物への指定が検討されています。ハヤトゲフシアリ確認場所の地図

図2:ハヤトゲフシアリ確認場所の地図

(4)今後の対応

早急に周辺のモニタリング調査やベイト剤等の散布による駆除をすると共に、広域モニタリングの調査対象として監視していきます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局環境保全部環境都市課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 2階

港湾局海岸防災課

危機管理室