現在位置

ホーム > くらし・手続き > 交通・空港 > 市バス・地下鉄(交通局) > 地下鉄 > 市営地下鉄西神・山手線三宮駅東改札エレベーターの改造について

更新日:2021年10月6日

市営地下鉄西神・山手線三宮駅東改札エレベーターの改造について

ここから本文です。

市営地下鉄西神・山手線三宮駅東改札とホームを結ぶエレベーターにつきまして、下記のとおり改造工事を行いますので、お知らせします。

経緯

三宮駅東改札エレベーターは、老朽化(設置後35年経過)に伴い更新工事を行い、令和2年3月26日に供用開始しました。更新にあたり、メーカー各社生産中止の油圧式から、昇降速度も速いロープ式に変更したことにより、機器類のスペースが従来より必要となりましたが、エレベーターの入る室のコンクリート壁を拡げず工事期間を短くすることを優先し、かご内の幅を約30センチ狭く、奥行きを約5センチ広くしました。かごの幅が狭くなったことで、車椅子がかご内で転回できず、一度に乗っていただける人数も減ったことから、ご利用のお客様にはご不便をおかけしています。

当面の対応

車椅子利用者がバックでかごから出る際の安全性を高めるため、かご内奥の上部にもミラーを増設しました。

エレベーターの改造

別の場所での新設やさらなる大型化についても検討し、総合的に判断した結果、更新前と同等のかごの大きさとなるよう、改造工事を行います。工事は令和3年冬頃から着手し、完成は令和4年夏頃を見込んでいます。
なお、工事はコンクリート壁や床などを削って開口を拡げるため、補強したり、作り直したりする必要があり、工事期間は約6カ月間に及び、騒音・振動が発生します。その間は、西改札エレベーターをご利用いただくことになりますが、各駅や車両内でのお知らせや三宮駅に誘導員を配置するなどしてご案内しますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

三宮駅バリアフリールート(工事期間中)

より良いエレベーターとするため仕様や工事の内容などへのご意見・ご要望を、ページ下方の「このページの内容についてメールで問い合わせする」からお寄せください。
工事の詳細が決まり次第、HPにてお知らせします。

【現状(改造前)エレベーター写真】
現状エレベーター写真
現況エレベーター詳細写真

【参考:改造後エレベーターの主な仕様案】
積載量(定員) 1150kg(定員17名)
速度 45m/分(現状:30m/分)
かごの大きさ 幅140cm×奥行190cm(現状:105cm×200cm)
出入口の大きさ 幅110cm×高さ210cm(現状:90cm×210cm)
戸形式 2枚戸片引き
車いす仕様 専用乗場ボタン、かご内専用操作盤2面、かご内鏡・手すり
視覚障害者対応仕様 操作ボタン点字表示、音声アナウンス
聴覚障害者対応仕様 インターホン呼出ボタン応答灯
※改造後のエレベーターは、現状(改造前)エレベーターと同程度のグレードを想定していますが、詳細仕様は採用するエレベーターメーカーにより異なります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

交通局高速鉄道部施設課 

〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1丁目2番1号 御崎Uビル