現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年9月 > 幼稚園・保育所の手続きに関するデジタル化を進めます

更新日:2020年9月30日

幼稚園・保育所の手続きに関するデジタル化を進めます

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年9月30日)
神戸市こども家庭局幼保事業課

 保育施設等の利用にあたっては、市民の方々に申請書をご記入いただき、区役所窓口等への来所や施設での取りまとめによる手続きをお願いしていますが、新型コロナウイルス感染症予防対策が必要となる中、手続きのデジタル化等が求められています。
 そこで、10月1日より幼稚園(私学助成)の幼児教育・保育の無償化に係る手続きのオンライン申請を開始します。
 また、手続きのデジタル化を進めるためには、ホームページ上で分かりやすく情報が入手できるようにすることが必要であることから、市内の保育施設等の施設情報や空き状況をGIS(地理情報システム)上に掲載し閲覧できるサイトを開設します。
 これらにより、市民の利便性・サービスの向上を図ります。

1.幼稚園(私学助成)の無償化手続きのオンライン申請を開始

  10月1日から、幼児教育・保育の無償化の申請手続きにおいて、㈱グラファーの『Graffer®︎ スマート申請』を導入・オンライン申請受付を開始します。

 今回、オンライン化の対象となるのは、幼稚園(私学助成)の無償化のための『施設等利用給付認定(1号)』申請手続きです。利用者は画面上の質問に回答しながら必要事項を入力し、マイナンバーカードで本人認証を行うことで、スマートフォンだけで申請を完結することができます。さらにマイナンバーカードを持っていない方も、郵送申請用の書類をスマートフォンから簡単につくることができます。

オンライン申請

・スマホで手続きが完結できる

スマートフォンやPCから画面上の質問に答えていくだけで手続きが完結します。本人認証はマイナンバーカードを専用アプリ(※)で読み取るだけです。                              (※)iOS、Androidアプリに対応

・郵送用書類をスマホで作成できる

マイナンバーカードを持っていなくても、スマートフォンやPCから質問に答えていくだけで郵送用の申請書が簡単に作成できます。オンラインで作成した書類をプリントアウトして郵送することで、手書きで申請書を作成する際に発生する、記入漏れや記載ミスを防ぐことができます。

URL:https://ttzk.graffer.jp/kobe-preschool-free グラファーQR

2.GISを利用した保育施設の情報提供について

 ホームページで公開している施設情報や空き状況と地図情報を一度に閲覧することのできるサイトを令和2年10月5日(月)に開設します。

 このサイトでは自宅周辺の認可施設・企業主導型保育施設が一目でわかるほか、自宅から施設までの距離を測る機能も備わっています。

 これにより、施設選びの参考となる情報がホームページで閲覧でき、窓口への来所や滞在時間の減少に寄与できると考えています。

マップ空き状況

URL:https://www.city.kobe.lg.jp/z/kodomokatekyoku/shienbu/shisetsuichiran.html

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局幼保事業課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館8階