ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年4月 > ゴールデンウィーク期間中のコロナ対応医療提供体制の確保について

最終更新日:2022年4月26日

ゴールデンウィーク期間中のコロナ対応医療提供体制の確保について

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年4月26日)



ゴールデンウィーク期間中のコロナ対応医療提供体制の確保について

ゴールデンウィーク期間中(令和4年4月29日から令和4年5月5日まで)に新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)への診療を行う医療機関に対して、兵庫県からの補助金に加え、本市独自の支援を実施します。
この支援について市内医療機関に周知し、協力を依頼したところ、下記のとおりご協力いただけることになりましたので、お知らせいたします。

1 ゴールデンウィーク期間中に対応いただける医療機関への支援

(1)入院患者の受入れ
・補助対象
新型コロナウイルス感染症陽性患者または疑似症患者の入院受入れを行った市内医療機関
・補助内容
48,000円を入院期間※にわたり補助する
 兵庫県の入院医療機関支援事業補助金24,000円(患者1人1日あたり)に協調し、さらに24,000円を加算し、合計48,000円を補助する
※陽性確定又は疑似症患者としての発生届提出日からを転退院した日まで

(2)外来患者の受入れ
・補助対象
他の医療機関からの紹介患者を含め、新型コロナウイルス感染症への感染を疑う患者への外来診療を行う市内医療機関
※令和4年4月15日(金曜)から令和4年4月22日(金曜)の間に「実施計画書」を提出
・補助内容
午前・午後・救急(準夜・深夜)各50,000円(一日最大200,000円ずつ)を補助する

2 協力医療機関

【入院】新型コロナウイルス感染症患者受入医療機関  計29医療機関
(市民病院3、公的医療機関6、民間医療機関20)

【外来】発熱患者対応医療機関  計241医療機関

3 ゴールデンウィーク期間中に発熱患者への対応が可能な医療機関の案内
(いずれも土日祝日を含む24時間対応)
・新型コロナウイルス専用健康相談窓口 322-6250
・救急安心センターこうべ #7119 (ダイヤル回線・IP電話等からは331-7119)


(参 考)ゴールデンウィーク期間中(4月29日(祝・金曜)~5月5日(祝・木曜))の救急体制

【1次救急】
急病診療所(中央区橘通、内科、耳鼻咽喉科、眼科)
東部休日急病診療所(灘区岸地通、内科)
西部休日急病診療所(西区学園西町、内科、小児科)
北部休日急病診療所(北区山田町下谷上、内科)
こども初期急病センター(中央区脇浜海岸通)
※急病診療所は耳鼻咽喉科以外は事前受付制

【2次救急】
病院群輪番の当番病院(内科系6病院・外科系4病院の計10病院)が毎日対応
 3市民病院は、24時間対応(一般外来は休診)

【3次救急】
重症・高度な医療に対応する医療機関(中央市民病院、神戸大学医学部附属病院、兵庫県災害医療センター、兵庫県立こども病院)は、上記医療機関より必要に応じて紹介  
 ※24時間対応

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局地域医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階 東側フロア