現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年4月 > 新規感染者の急増に伴うコロナ受入病床の拡大について

更新日:2021年4月19日

新規感染者の急増に伴うコロナ受入病床の拡大について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年4月19日)

本市においては、新規感染者の増加によりコロナ受入病床がひっ迫し、4月18日現在で病床使用率は95%(201床/211床)となり、自宅療養者数は418人、入院待機者数も1,337人と大きく増加するなど、医療提供体制はこれまでにないほど危機的な状況となっています。
予定していた通常医療(入院・手術等)の制限により、既にコロナ受入病床を22床(西市民病院15床、西神戸医療センター7床)追加し、市内全体で211床を確保していますが、この難局に何とか対応するため、西神戸医療センターにおいて、さらなる通常医療の制限により、さらに受入病床を拡大することとしました。
また、その他市内医療機関からも申し出を頂き、コロナ受入病床を拡大することとしました。

1.西神戸医療センターでの通常医療の制限による受入病床の拡大

全病床数475床
・追加病床:9床(追加後45床)
・スケジュール:5月10日(月曜日)より実施
※通常医療(入院・手術等)の制限:(現在)3割程度→4割程度

2.その他市内医療機関での受入病床の拡大

神戸市第二次救急病院協議会に緊急臨時総会を開催していただき、本市の危機的な状況について報告するとともに、会員の各医療機関にさらなる受入病床の確保を要請しました。
その結果、設備面や人的な理由から受入が困難な状況の中、受入病床の拡大について協力をいただき、既に30床(6病院:公的1、民間5)を確保し、準備が整い次第、順次受入れを開始する予定です。

<参考>
○確保病床数

  4月15日 追加病床 追加後
市民病院機構 125 9 134
 中央市民病院 46(※1) 0 46
 西市民病院 43 0 43
 西神戸医療センター 36 9 45
その他の医療機関
(15病院→17病院)(※2)
86 30 116
 合 計
 (18病院→20病院)
211 39 250

※1)臨時病棟36床、感染症病棟10床
※2)6病院から申し出をいただき、うち2病院が新規。

○通常医療(入院・手術等)の制限予定

  現在 変更後
中央市民病院 3割程度を制限 4割程度を制限
※4月26日より
西市民病院 4割程度を制限 4割程度を制限
(変更なし)
西神戸医療センター 3割程度を制限 4割程度を制限
※5月10日より(病床拡大後)


<中央市民病院の通常医療のさらなる制限拡大について>
重症患者の増加に伴うさらなる医療スタッフ確保のため、4月26日(月曜日)より通常医療(入院・手術等)の制限をさらに拡大します。

3.市民への要請

本市の医療提供体制は危機的状況であり、この状況を根本的に改善するためには、感染者数を減少させていくことしか方法はなく、そのために市民一人ひとりの自覚、行動が必要です。
○会話をするときはマスクをする。
○食事中に会話する時は、
・1メートル以上の距離をとる。
・斜めに座る。横に並ぶ時には、一つ席を空ける。
・大声を出さない。
○手洗、消毒、換気。
などの徹底した感染対策を強くお願いします。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局地域医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階 東側フロア