ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年5月 > コロナ患者受入確保病床数について

最終更新日:2022年5月31日

コロナ患者受入確保病床数について

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年5月31日)

 兵庫県の医療提供体制にかかるフェーズが、6月1日より「フェーズⅢ感染拡大期1」に移行することに伴い、臨時的に拡大していた神戸大学医学部附属病院16床(うち重症病床8床)・その他公的3病院20床の計36床が減床となります。
 また、民間1病院において、6床減床の申し出があった一方、他の民間1病院(新規)で新たに2床増床の申し出があり、その結果、6月1日より受入可能な病床数は358床(うち重症病床45床)となります。(受け入れ病院は29病院から30病院に増。)
 病床ひっ迫時には、再度、公的病院で臨時的に病床を拡大するとともに、市民病院において通常医療を制限し、最大439床(うち重症病床53床)を確保します。
 

コロナ患者受入確保病床数
                                ( )内は重症病床

5月31日まで

減床数

6月1日より

398床(53床)

△40床(△8床)

358床(45床)


 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局地域医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階 東側フロア