現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年1月 > 市民病院における通常医療の制限及びコロナ受入病床の確保について

更新日:2021年1月22日

市民病院における通常医療の制限及びコロナ受入病床の確保について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年1月22日)

本市においては、新型コロナウイルス感染症患者が大幅に増加し、医療提供体制は危機的状況にあるものの、さらに病床を確保することは困難です。

助かる命を助けるためには、この難局に何とか対応する必要があり、西市民病院・西神戸医療センターにおいて感染収束までの当面の間、通常医療における入院・手術等を大幅に制限することにより、臨時的に新型コロナ患者の受入病床を拡大することとしました。

市民の皆様のご理解をお願いいたします。

1.市民病院機構での受入病床拡大

西市民病院・西神戸医療センターでは、中等症以下の新型コロナ患者を受け入れるとともに、中央市民病院の重症病床を確保するため転院患者も受け入れるなど、市民病院間での相互協力を行っています。

新型コロナウイルス感染症対応における中核的医療機関としての役割をさらに強化するため、西市民病院・西神戸医療センターの受入病床を拡大します。

西市民病院:全病床数358床

  • 追加病床:15床(現28床、追加後43床)
  • スケジュール:1月26日(火曜)より順次実施

西神戸医療センター:全病床数475床

  • 追加病床:13床(現23床、追加後36床)
  • スケジュール:2月1日(月曜)より順次実施

2.その他医療機関での受入病床の増加

市民病院機構での受入拡大に加え、神戸市第二次救急病院協議会会員の各医療機関に受入病床の確保を要請しています。

既に、民間病院(2病院)において19床を確保しました。

<参考>確保病床数

  1月22日現在 追加病床 追加後
市民病院機構 97 28 125
 中央市民病院 46(※) 0 46
 西市民病院 28 15 43
 西神戸医療センター 23 13 36
その他医療機関(12病院) 63 19 82
合計(15病院) 160 47 207

 

 

 

 

 

 

(※)臨時病棟36床、感染症病棟10床

3.課題と市民への要請

しかしながら以下の課題があります。

47床の確保のうちすぐに稼働できるのは一部であり、すべてが稼働できるのは2月8日(月曜)となること。

1月21日(木曜)現在の入院待機者数は612人であり、今回の病床確保により病床が十分であるとはいえないこと。

 

このような医療提供体制の危機的状況を根本的に改善するためには、感染者数を減少させていくことしか方法はなく、そのためには市民一人ひとりが自覚、努力、行動を行うことが必要です。

具体的には、大人数での会食を避け、通常の食事中も会話を控え距離を取るなどの徹底した感染対策を強くお願いします。

地方独立行政法人神戸市民病院機構の問い合わせ先

法人本部総務課

電話番号:078-940-0149

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局地域医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階 東側フロア