現在位置

新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスについて > 医療提供体制について

更新日:2021年4月14日

医療提供体制について

ここから本文です。

医療現場より、市民のみなさまへのお願いです

新型コロナウイルス感染症患者受け入れ病床

現在、1日あたり約50人から約190人程度の新規感染者が発生しており、患者受け入れ病床の入院調整が難しい状況となっています。このような状況に対応するため、中央市民病院・西神戸医療センター・西市民病院において、通常医療における入院・手術等を大幅に制限することにより、これまでの196床から、順次、211床確保していきます。

政府が示す感染状況ステージの指標と神戸市の状況

宿泊療養施設

ニチイ学館(ポートアイランド宿泊棟)で100室、東横INN(神戸三ノ宮駅市役所前)で110室、東横INN(神戸三ノ宮Ⅰ)で88室の合計298室を確保しています。

ニチイ学館(ポートアイランド宿泊棟)

東横INN(神戸三ノ宮駅市役所前)

東横INN(神戸三ノ宮Ⅰ)

自宅療養

入院の優先度の高い患者への対応を強化し、重症化リスクの高い方への入院調整に注力するため、一定の条件を設けて自宅療養を実施しています。また、療養期間中に自身で食料調達が困難な方には、自宅療養支援セット(10日分の食品と日用品)を無償でお届けいたします。

自宅療養について

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局地域医療課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 東側フロア