現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 地域での子育て > 児童館・学童保育 > 児童館 > 神戸市内児童館に対する労務監査

更新日:2020年6月26日

神戸市内児童館に対する労務監査

ここから本文です。

令和元年度神戸市内児童館に対する労務監査について

神戸市は、神戸市内の児童館に対し、令和元年度、労務監査を実施しました。

監査の概要について

(1)対象児童館121館(市立児童館117館、民間児童館4館)

(2)令和元年度の労務監査を実施した児童館:市立児童館84館

 残りの37館は、令和2年度に実施予定です。また、労務監査は継続して毎年度実施予定です。

(3)監査の実施期間:令和元年11月~令和2年3月

(4)実施方法:社会保険労務士による書面審査又は実地調査によります。

(5)監査実施項目:次の項目の遵守・実施状況について監査を実施しました。

 ①労働基準法関係

 ②労働安全衛生法関係

 ③男女雇用機会均等法関係

 ④高齢者雇用安定法関係

 ⑤育児・介護休業法関係

 ⑥健康保険・厚生年金保険法関係

 ⑦労災保険・雇用保険・労働保険徴収法関係

 ⑧就業規則、雇用契約の遵守状況等

 ⑨「児童館ガイドライン」に定められている職員配置基準に係る遵守状況

 ⑩その他関係法令順守等の労働条件審査に係る項目

監査の結果について

(1)令和元年度の監査結果は次の通りです。

 

労働条件

就業規則

賃金規程

労働時間

労働社会

保険

職員配置

基準

その他

関係法令

64館

10館

18館

13館

70館

84館

2館

ランクA

19館

69館

11館

2館

10館

0館

79館

ランクB

0館

0館

50館

0館

0館

0館

0館

ランクC

1館

5館

5館

69館

4館

0館

3館

84館 84館 84館 84館 84館 84館 84館

 

「適」:法令違反とみなされる項目なし、「ランクA」:法令違反とみなされる項目あり、「ランクB」:法令違反とまではいかないが労務関連のリスクがある項目、「ランクC」:注意喚起

  • 各項目における「ランクA」の具体的な内容

労働条件:短時間労働者への雇用通知書の交付漏れ(パートタイム労働法)等

就業規則:就業規則の不備(作成・変更漏れ)(労基法)

賃金規程:賃金規定の作成漏れ(労基法)

労働時間:一部に法定労働時間超えが発生しているが36協定の締結届出がない。(労基法)

労働社会保険:保険料率の改正に応じた被保険者の保険料変更漏れ等(健保法)

その他関係法令:育児介護休業規程の変更・届出漏れ、衛生推進者の選任漏れ周知漏れ等

 

監査結果に基づく神戸市の対応

 神戸市は、令和2年5月28日付けで、指摘のあった市立児童館を運営するすべての指定管理者に対して、文書で改善通知を行いました。

 このうち、「ランクA」に該当する場合は、令和2年度中の改善を必須とし、「ランクB」及び「ランクC」については、可及的速やかに改善するよう指導しました。

 この指導に基づく改善状況については、令和2年度中に改めて、各指定管理者に対して調査を行い、その結果に基づいて、引き続き対応していきます。

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局こども青少年課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階