ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年10月 > 神戸の「食」を満喫するモニターツアーを実施します! ~神戸の「食」にまつわる人、景色、文化との出会いを楽しむ神戸テロワール旅~

最終更新日:2022年10月21日

神戸の「食」を満喫するモニターツアーを実施します! ~神戸の「食」にまつわる人、景色、文化との出会いを楽しむ神戸テロワール旅~

ここから本文です。

記者資料提供(2022年10月21日)

 神戸市(市長:久元喜造)と、ANAあきんど株式会社大阪支店(所在地:大阪府大阪市、支店長:種村守之)は、“神戸ならでは”の「食」をテーマとした神戸テロワール旅2種のモニターツアーを実施します。
 本ツアーは、「神戸夜明けのしらす(※)」を活用した漁業体験コンテンツを盛り込んだ宿泊付きツアーとして企画しました。
 一般からの参加申込者のほか、ANAグループ社員や日本在住の外国人の方などを招致し実施します。ツアー終了後にはアンケートを実施し、回収したご意見を基に、来年度以降の実際のツアー商品化を見据えて、磨き上げしていきます。
①<神戸テロワール旅> 神戸産「山の恵み」と「海の恵み」を五感で味わい尽くすコース
【日時】2022年10月26日(水曜日)― 10月27日(木曜日)
【場所】神戸市北区・垂水区

【ツアー内容】※ツアー内容は変更になる可能性があります。
「農業体験」「漁業体験」を通じて、海と山があり美しい自然環境に恵まれた神戸ならではの食文化や自然風土を理解・体感頂くツアーです。ツアーの各行程で農家や漁師との交流を通じ、神戸産食材の魅力や歴史、生産者の拘りや美味しさの秘密を知ることで「食べる」の価値を最大限高めるツアーに仕上げています。2日目の早朝には、今回新たに造成した「神戸沖のしらす漁を見学するクルージング体験」を予定しています。
日程 時間帯 場所 内容
1日目 AM 小束野いも農園 芋掘り体験後、黄金色に輝くホクホク焼き芋をご賞味
ご昼食 楽農生活センター内 ファイブカントリーカフェ 地元食材にこだわった地産地消ランチ
PM 神戸ワイナリー・神戸オリーブ園 ワイン工場見学後、オリーブ園の歴史と摘み取り風景を見学
ご宿泊 シーサイドホテル舞子ビラ 夕食は兵庫県産の野菜、肉、神戸しらすをご賞味
2日目 AM 垂水漁港~ 神戸空港沖 海から水揚げされていく神戸しらすの漁を見学
ご昼食 Pizzeria OTTO しらすピザ ブランチ
②<神戸テロワール旅>神戸持続可能な「食」を学び、未来社会を考えるコース
【日時】2022年11月6日(日曜日)― 11月7日(月曜日)
【場所】神戸市北区・垂水区

【ツアー内容】※ツアー内容は変更になる可能性があります。
神戸の「食」に関わる自然環境や文化・伝統などを守り、育てながら、持続的に保つことに取組んでいる生産者から直接、取組にかける想いを聞くことができます。ツアー参加を通じ、旅行者が日常的に実践できるSDGsやサステナブルな行動への気づきを促すことを目指しています。2日目は①と同様のしらす漁クルージング体験を予定しています。
日程 時間帯 場所 内容
1日目 AM 弓削牧場 バイオガス化の講習後、ストレスフリーな乳牛を見学
ご昼食 バン・サン 地元食材にこだわった地産地消ランチ予定
ご宿泊 シーサイドホテル舞子ビラ 夕食は兵庫県産の野菜、肉、神戸しらすをご賞味
2日目 AM 垂水漁港~ 神戸空港沖 海から水揚げされていく神戸しらすの漁を見学
PM ナチュリズムファーム 有機農法などの見学と講習

※神戸夜明けのしらす しらす漁の様子
gyosen shirasu
【参考】
(※) 「神戸夜明けのしらす」とは
大阪や淡路からも漁師が集まる神戸沖ですが、神戸の漁師だけが早朝4時から漁を行うことができます。そこで獲れるしらすは朝エサを食べる前のため透明度が高く、釜揚げにした後でもわかるほどです。令和3年に「神戸夜明けのしらす」として商標登録を取得しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局観光企画課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館9階