現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > 須磨海浜水族園の営業区画の変更に伴う入園料改定を実施

更新日:2020年10月30日

須磨海浜水族園の営業区画の変更に伴う入園料改定を実施

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月30日)
神戸市立須磨海浜水族園

須磨海浜水族園の営業区画の変更に伴う入園料改定を実施

 須磨海浜水族園では、2021年3月1日(月曜)より須磨海浜公園の再整備事業に伴う園内工事のため、現在の展示規模を縮小して本館のみの営業に変更いたします。つきましては、営業区画の変更に伴い、入園料や年間パスポートの料金改定を実施することをお知らせいたします。

 

1.入園料金の改定について

営業区画の変更に伴い、以下の日程にて入園料・年間パスポートの料金改定を実施いたします。

入園料

※大人(18歳以上)、中人(15歳~17歳)、小人(小・中学生)、未就学児は無料。

※上記の価格は全て税込み価格。

※年間パスポートについては使用期限中の営業形態変更を考慮し、上記料金設定にて販売を継続いたします。

 

2.各種割引対応について

各種割引券・クーポン券などの割引利用につきましては、現在の割引比率を改定後の入園料金に適応いたします。

各種割引対応

【参考】須磨海浜水族園・海浜公園の再整備について
 神戸市立須磨海浜水族園は、市民の教養とレクリエーションの場として大きな役割を果たしてきましたが、設備をはじめとする老朽化が進んでおり、今後これまで以上の集客を図るためには、抜本的な再整備による魅力向上が必要です。

 また、須磨海浜水族園が立地する海浜公園は、昭和60年代から変わっておらず、必ずしも市民ニーズを満たしているとは言えない状況であり、都市公園もこれからは「公園をどう使うか」が求められています。

 このような状況を踏まえ、再整備にあたっては、子育て支援・健康づくりや交流人口の増加など市の施策を実現するためにも、これまでの市民利用を継続させつつ、水族園及び海浜公園のポテンシャルを活かした再整備を行うことにより、須磨海浜公園エリア全体の魅力を向上させることを目的としています。

 

須磨海浜水族園・海浜公園の再整備の詳細はこちら
https://www.city.kobe.lg.jp/a64051/shise/kekaku/kezaikankokyoku/suma_renewal/index.html

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

神戸市立須磨海浜水族園