現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > ~Withコロナの時代に必要な観光課題の解決に向けて~    公民共創事業の事業者決定

更新日:2020年7月31日

~Withコロナの時代に必要な観光課題の解決に向けて~    公民共創事業の事業者決定

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年7月31日)
一般財団法人神戸観光局 観光部

Withコロナの時代に必要な観光課題の解決に向けて
神戸観光局と協働で実施する「公民共創事業」の事業者決定について

このたび、一般財団法人神戸観光局(以下、神戸観光局)では、選定審査会を実施し、5事業者を選定しましたので、お知らせいたします。

1.公民共創事業の取り組み

公民共創事業は、DMOとして公民連携により新型コロナウイルス感染症に伴う神戸市の観光需要の冷え込み等、Withコロナの時代に必要な観光課題の解決に取り組むために、民間の発意とプレイヤー同士のコラボレーション等による新たなコンテンツ開発やプロモーション等を協働で実施する事業です。

今後、順次下記の採択事業について取り組み、次年度以降も継続的に実施することで、Withコロナの時代における神戸らしさを活かした滞在型観光を促進していきます。

2.採択事業・提案の概要

事業①

サイクルツーリズム at 有馬温泉

事業者

(一社)有馬温泉観光協会

実施時期

令和2年8月~

提案の概要

①ウェブサイト「バーチャル有馬」の立ち上げ

自宅にいながらヒルクライム(自転車レース)を体験できる「有馬六甲間バーチャル自転車ゲーム」や、有馬温泉の入浴を立体的な映像で体験できる「湯めぐりVR」、入浴後に有馬芸妓と一緒に湯上りの一杯を楽しめる「ズーム芸妓」などのサービスを楽しめるウェブサイトを立ち上げ、これらのサービスを組み合わせたプログラムを展開します。

731年1月1日 731年1月2日 731年1月3日

 (バーチャル自転車レース)      (湯めぐりVR)           (ズーム芸妓)

②常設型自転車大会運営サイト「ツールド有馬」の開発

レース記録用アプリや参加者の自転車にカメラを設置し、既定コースを走行してもらう常時参加可能なタイムトライアル大会を開発します。また、参加証を提示することで有馬温泉内の協賛宿泊施設で入浴を楽しめる等の取り組みを実施します。

 

事業②

神戸ローカルツアーズ~オンライン&プライベートトラベル~

事業者

Kobe New Tourism Association

実施時期

令和2年8月~

提案の概要

①オンラインツアーの実施

ツアー参加者に訪問場所の商品を事前に送付しておき、当日はガイドや訪問先の生産者・販売者からの説明をリアルタイムで配信し、自宅にいながら実際に神戸を訪問したようなプレ体験をしていただきます。 

 731年1月4日 

②非対面ツアーの実施

神戸に訪問したツアー参加者に対して、スマートフォンやタブレットを使い、ビデオ通話を通した非対面でのガイド案内を提供するサービスを実施します。

③プライベートツアー

リムジンやタクシーでの送迎や訪問先の貸切、ワンランク上のサービスが提供されるレストランや体験型コンテンツなど、完全オーダーメイドでパッケージ化したラグジュアリーツアーを実施します。

④事業者向けコンサルティング(ニューツーリズムの開発)

これまで観光事業に取り組んでいない事業者に対して、新たな観光コンテンツの開発、PRや運営指導などの提案及び支援を行います。

 

事業③

神戸ウエルネスウォーキング

事業者

(一社)神戸六甲健康保養地研究所

実施時期

令和2年8月~

提案の概要

①オンライン福寿ウエルネスウォーキング

神戸酒心館の協力のもと、オンラインによるウエルネスウォーキングを実施します。参加者には事前に日本酒をお届けし、オンラインウォーキングでの酒蔵見学後に、日本酒を楽しんでいただきます。

②宿泊型ウエルネスウォーキング

神戸の風土や歴史を楽しみ、健康意識改革にもつなげていくため、複数のコースを組み合わせることで宿泊を伴う滞在型観光を推進します。

また、タブレットと無線によるオリエンテーション実施と合わせて、姿勢分析システムを活用し、健康の見える化にも取り組みます。

731年1月5日

ウエルネスウォーキングとは…

ウォーキング前後の血圧測定と健康効果のオリエンテーションとあわせて、心拍をコントロールしながら健康的に楽しく歩くだけでなく、現在のライフスタイルを点検し、行動変容を促すことを目的としています。

 

事業④

神戸のホテル・旅館をインフルエンサーが泊まって応援!【SOCIALPORT】

事業者

バリーズ(株)

実施時期

令和2年8月~

提案の概要

宿泊施設とインフルエンサーをマッチングさせるプラットフォーム「SOCIALPORT」を活用し、SNS上で影響力を持つインフルエンサーに実際に神戸で宿泊をしていただきます。その実体験の「安心の口コミ」を、神戸観光局の国内戦略のイメージターゲットである20~40代の女性に向けて発信していただくことにより、Withコロナ期における宿泊需要回復プロモーションを実施します。

 

事業⑤

アウトドアオフィス事業「Work702」

事業者

摩耶山再生の会

実施時期

令和2年8月~

提案の概要

731年1月6日

①密の無いコワーキングスペース

掬星台を広大なオフィス空間と見立て、イス、テーブル、テントなどを提供し、自然の中で仕事や勉強に取り組める空間を提供します。

②キャンピングオフィススペース

風通しの良い環境で会議・打ち合わせを行い、その後は夜景を眺めながらBBQを楽しむなど、通常のオフィスとは異なる開放的なオフィス空間を提供します。

③親子で利用できるプログラム

親が自然の中で仕事をしている間、子供たちが自然観察や野外体験などに取り組めるよう、親子を対象としたプログラムを提供します。

④多彩なワーケーションプログラム

昼は摩耶山で仕事をし、合間にヨガなどのリラクゼーションプログラムに参加し、夜は宿泊やキャンプ、地元体験をするなど、仕事をしながら休息をする多彩なワーケーションプログラムを提供します。

3.神戸観光局による支援について

  公民共創事業では、公民連携で神戸の観光振興に取り組むという視点から、事業費の負担だけではなく、事業の共同実施者として様々な支援を実施します。

(1)事業費の負担

事業立ち上げ期(準備期間~開始初年度~必要に応じ開始2年度まで)にかかるプロモーション及び初期調達等のイニシャル経費の一部として1事業に つき200万円を上限に負担します。

(2)プロモーション支援

  市及び神戸観光局の媒体を活用し、プロモーション支援を行います。

(3)関係者との調整

  神戸観光局が共同実施者として、会員からの参画事業者の募集や各関係機関との調整支援を行います。

4.問い合わせ先

 (一財)神戸観光局 観光部 政岡・黒田

  住所:神戸市中央区御幸通6丁目1番12号三宮ビル東館9階

  TEL:078-262-1916 FAX:078-230-0808

  E-mail:tourism_promotion@kcva.or.jp

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

一般財団法人神戸観光局 観光部