現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年2月 > “須磨海浜水族園”バンドウイルカの赤ちゃんは死産でした(報告)

更新日:2020年2月3日

“須磨海浜水族園”バンドウイルカの赤ちゃんは死産でした(報告)

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年2月3日)
神戸市立須磨海浜水族園

須磨海浜水族園
バンドウイルカの赤ちゃんは死産でした(報告)

 須磨海浜水族園では、バンドウイルカ(愛称:「マミー」)が、2月1日(土曜)22時52分に赤ちゃんを出産しましたが、死産でしたので、ご報告させていただきます。

 「マミー」は昨年の1月、当園で飼育するオス「ガル」の精液を用いて初めて実施した人工授精により妊娠しました。職員一同、赤ちゃんの誕生を心待ちにしておりましたが、残念ながら死産となりました。

1.出産までの過程・出産当日の経過

月日

時間

様子

2019年1月6、7日

-

人工授精実施。

2019年3月3日

-

妊娠確定(エコー検査にて)。

2020年1月29日

-

出産の兆候を確認(体温の低下、乳裂幅の広がりを確認)。

2020年2月1日

-

腹部の膨らみが顕著になり、食欲ムラ、行動の緩慢さが目立つようになる。

19時02分

破水。

19時18分

母体から赤ちゃんイルカの尾びれが出ているのを確認。

22時52分

出産(分娩時間3時間34分)。赤ちゃんはそのまま水底に沈む。呼吸なし。

2020年2月2日

0時48分

後産の排出。

 

2.死亡胎仔について

 ・体長:120センチメートル

 ・体重:22.7キログラム

 ・性別:オス

 ※出産当日のエコー検査では、胎仔の心拍を確認。

 

3.母イルカ「マミー」について

 ・来園日:2004年10月19日

 ・年齢:推定26歳

 ・体長:約260センチメートル

 ・過去の繁殖実績:2例(2014年2月死産、2016年9月「ロクマル」誕生)

 

4.バンドウイルカの妊娠・出産について

 バンドウイルカの妊娠期間は約12カ月です。野生では、オスの集団、メスと子どもの集団に分かれて生活し、出産・育児はメスと子どもの集団で行われます。出産直前は、食欲の低下やホルモンの変動により体温が約1度低下することが報告されています。分娩は短くて30分、長い時には3時間以上かけて行い、仔は産まれた直後に自力で水面へと浮上し1回目の呼吸を行います。仔は尾びれ側から分娩され、分娩後24時間以内に授乳し、以降約30分から1時間の間隔で授乳を続けます。1~2年かけて離乳すると言われています。

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

神戸市立須磨海浜水族園