現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年2月 > ナイトタイム飲食店紹介サイト「Eat Kobe Night」のオープンについて

更新日:2020年2月3日

ナイトタイム飲食店紹介サイト「Eat Kobe Night」のオープンについて

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年2月3日)
(一財)神戸観光局 観光部

ラグビーワールドカップの夜の盛り上がりをもう一度!
ナイトタイム飲食店サイト「Eat KOBE Night」が誕生します!

(一財)神戸観光局では、「インバウンド戦略(平成30年11月策定)」において、欧米豪を1stターゲットと位置づけ、ゴールデンスポーツイヤーズを見据えながらインバウンド誘客に向けた取り組みを進めています。

その先駆けとなるラグビーワールドカップでは、三宮・元町等を中心に、夜遅くまで営業しており英語対応が可能な飲食店を紹介する冊子や専用ページ「TRY! KOBE」を制作し、ファンゾーンや案内所・ホテルで配布するなど、ナイトタイムエコノミーの推進を図りました。

この度、好評だった「TRY! KOBE」を活用し、掲載店舗をより厳選したナイトタイム飲食店サイト「Eat KOBE Night」が新たにオープンします。

ラグビーワールドカップの流れを途切れさせることがないよう、当サイトを活用し、「東京オリンピック・パラリンピック」、「関西ワールドマスターズゲームズ」と続くゴールデンスポーツイヤーズでの誘客とおもてなしの充実に取り組んでいきます。

1.ナイトタイム飲食店サイト「Eat KOBE Night」Eat KOBE Night ロゴ

(1)3つの特徴
①厳選された飲食店!

・ラグビーワールドカップ2019で「TRY! KOBE」に掲載した142店舗から以下の要件(a~d)を満たす50店舗を掲載

 a.英語での対応が可能

 →英語を話すことができるスタッフを有している、または、英語対応が可能なツール(メニュー、指差しシート等)を有していること

 b.夜遅くまで営業

 →店舗の閉店時間が23時以降であること

 c.地元経済に貢献する神戸の飲食店

 →本社・本店が神戸に存在する、発祥が神戸であるなど、地域を基盤とする飲食店であること

  d.神戸ならではの飲食物・サービス提供

 →神戸で3年以上営業しており、神戸産の食材・名産品を積極的に使用するなど、 神戸にゆかりのある飲食物・サービスを2種類以上提供していること

②外国人による行ってみたくなる仕掛け!

・外国人によるページ・ロゴ等のデザイン監修(分かりやすいエリア表示など)

・外国人による写真の選定、店舗紹介文の執筆(思わず行きたくなる写真・文章)

③好みにあわせて使える検索機能!

・エリア、カテゴリー、キーワードのクロス検索

・現在地から近い店舗の検索、現在地からの距離表示、Google Mapとの連動

(2)言語

・英語、日本語

(3)連携

・神戸公式観光サイトとの相互リンク

・神戸観光局Facebookによる発信

(4)URL

・英 語 https://eat-kobenight.jp/(外部リンク)

・日本語 https://eat-kobenight.jp/jp/(外部リンク)

<サイトイメージ>

サイトイメージ1

サイトイメージ2

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

(一財)神戸観光局 観光部