現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年11月 > 97カ国6000名! 世界の医療関係者から地元の学生まで参加し大盛況  義肢装具の大型国際会議「ISPO2019」開催で神戸経済へも貢献

更新日:2019年11月8日

97カ国6000名! 世界の医療関係者から地元の学生まで参加し大盛況  義肢装具の大型国際会議「ISPO2019」開催で神戸経済へも貢献

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月8日)
(一財)神戸観光局
神戸市経済観光局

97カ国6000名! 世界の医療関係者から地元の学生まで参加し大盛況
義肢装具の大型国際会議「ISPO2019」開催で神戸経済へも貢献

 10月5日から4日間に渡り神戸で開催された「ISPO(国際義肢装具協会世界大会)2019」。世界97カ国から6000名を超える参加者が神戸に集い、神戸コンベンションセンター周辺は国際色あふれる雰囲気となりました。最先端の義足・義手等の義肢装具のほか、介護ロボットに関する最新技術や情報も集まり、会場は最終日まで大盛況。主催者の陳隆明氏は「日本は高機能・高文明社会なので、会議件数だけではなく、どのような国際会議を開催するかが大事。従来の技術からロボット最先端技術への転換を今大会のキャッチフレーズに設定したことで、神戸大会からロボット技術を取り入れているものが多く展示され、新しいインスピレーションが生まれた会議となった」と振り返ります。

神戸市への経済波及効果は約8.8億円と試算

本会議でもたらされた神戸市内への経済波及効果は約8.8億円、全国で見ると約19.5億円という結果に。

2013年から誘致を開始、フランス・リヨン大会で神戸開催が決定してからはや4年。陳氏は「ISPOのように大規模な国際会議は誘致合戦がかなり激しく、簡単には誘致できない。競合国にはメキシコ、ドイツ、オランダがそろう中、神戸が勝ち取ったのは強力なローカルサポートのおかげ」と誘致の苦労を話します。陳氏の積極的なロビー活動をはじめ、地元のサポート、そして国の力を借りて実現した神戸大会となりました。 

会場写真    

  ワールドホールで行われた開会式には同大会過去最高の2000人が参加                   

 

 

写真2

写真3

写真4

写真5
 

開催に向けては地元事業者・地域のボランティア団体とも連携。日本文化に触れてもらいたいと、浴衣の着付け体験やよさこい踊り披露などを企画したほか、兵庫・神戸の食を味わってもらえる神戸ビーフなどの屋台を設置。趣向を凝らし、参加者をもてなしました。さらに今大会では「ひょうごパラスポーツフェスティバル」も開催。市民が参加できる企画も用意されました。

写真6

今大会にはISPO日本支部がある兵庫県三田市の神戸医療福祉専門学校三田校をはじめ、全国の学生が陳氏の呼びかけで参加。「義肢装具の未来を担う学生がこうした国際会議に参加することは素晴らしく、大きな意味がある」と世界的機関の責任者からコメントが聞かれたほど、ボランティアや見学で訪れる学生の姿が多く会場内で見受けられました。この体験が将来を担う学生にとって刺激となり、未来の医療を支えるきっかけになることを期待してやみません。

一方、神戸コンベンションビューローでも初の試みとして、神戸でのMICE開催を支える団体や、観光学を学ぶ市内大学の学生らを特別招待。普段はなかなか入ることができない大型国際会議・展示会の現場を実際に体感いただく機会を提供しました。

最先端の情報に多くの人が触れることができる場の提供、日本文化体験や言語サポートといったボランティアの活躍の場、そして神戸の魅力を国内外に発信する機会の提供、経済面での貢献と、さまざまな収穫を兵庫・神戸にもたらした「ISPO2019」。今後もさらなる神戸の発展につながるような大型国際会議の誘致を目指していきます。

写真7

写真8

写真9

開催概要】
1.学会名

第17回国際義肢装具協会世界大会

17th International Society for Prosthetics and Orthotics World Congress (ISPO2019)

2. 主催

国際義肢装具協会(International Society for Prosthetics and Orthotics)、President : Friedbert Kohler、日本学術会議

3. 国際義肢装具協会日本支部 会長

陳 隆明(社会福祉法人 兵庫県社会福祉事業団 理事 兼 総合リハビリテーションセンター所長、

兵庫県立福祉のまちづくり研究所長 ロボットリハビリテーションセンター長)

令和元(2019)年10月5日(土曜)~10月8日(火曜) 

5.開催場所

神戸国際展示場、神戸国際会議場、神戸ポートピアホテル、ワールド記念ホール

6.参加者数

学会・展示会 97カ国 約5000名(うち外国人約2000名)

市民啓発プログラム 約1000名(学会関係者、一般県民)

計 約6000名(過去最高)

7.展示会出展数

 154ブース(企業119、各種団体・組織35) 38ヶ国

8.経済波及効果

 神戸市 約8.8億円 / 全国 約19.5億円

写真10

 

 

 
 

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

(一財)神戸観光局
神戸市経済観光局