現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > 神戸市立王子動物園「リスと小鳥の森」の期間限定公開について

更新日:2020年10月8日

神戸市立王子動物園「リスと小鳥の森」の期間限定公開について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月8日)
発行:神戸市建設局王子動物園

王子動物園内の「リスと小鳥の森」では、ニホンリスの繁殖が進まず、放し飼いのニホンリスを見られない状況となったため、平成27年より施設を閉鎖し繁殖を試みています。

今後、「リスと小鳥の森」全体を繁殖施設として活用し、個体数の増加を目指していくにあたり、期間と日時を限定して公開を進めていきます。

期間限定公開

公開期間

令和2年10月18日(日曜)~令和3年2月28日(日曜)

公開日時

公開期間中の日曜日の14時~15時

3月~8月の繁殖期間中は施設を閉鎖し、ニホンリスの繁殖施設として活用します。

公開条件

公開から当面、ニホンリスは施設内での放し飼いは行わず、施設内のケージ内のみの公開となります。

観覧人数が多いときは、入場制限を行う場合があります。

参考

リスと小鳥の森

六甲山系の樹木や滝、せせらぎなどの自然を再現し、放し飼いされたリスや小鳥を見ながら通り抜けるというコンセプトをもった施設として平成3年にオープンしました。

リスと小鳥の森01

リスと小鳥の森02

 

施設内で見られる動物

ニホンリス

齧歯目リス科。本州、四国、九州、淡路島に分布する日本固有種で、環境省のレッドリストで絶滅の恐れのある地域個体群に分類されている。体高約20cm。昼行性で樹上で生活し、種子・果実・芽・樹皮・昆虫などを採食します。初春から夏までの間に1~2回繁殖します。

ジュズカケバト

ハト目ハト科の鳥。アフリカからアラビア半島に分布しています。全長約25cm。首の後ろにある数珠をかけたような黒い模様が名前の由来となっている。人の笑い声のような鳴き方をします。

ニホンリスとの巣箱の競合をさけるため、以前飼育していた小型の野鳥の代わりに、現在はジュズガケバトを飼育しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局王子動物園  

〒657-0838 神戸市灘区王子町3-1