現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > 青少年科学館プラネタリウム 新一般番組 「10000光年双眼鏡」投映のご案内

更新日:2021年3月9日

青少年科学館プラネタリウム 新一般番組 「10000光年双眼鏡」投映のご案内

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月9日)

 

バンドー神戸青少年科学館では、年度ごとに小学校中学年から一般向けのプラネタリウム番組をオリジナルで制作しています。

今回は、昨年5月にSNS上に公開され話題となった、鳴海アラタさんのWEB漫画「10000光年双眼鏡」が原作になります。また、ストーリーの中には「系外惑星」や「量子力学」といった科学トピックを盛り込み、エンターテイメント性と科学的要素を取り入れた内容でお届けします。

番組開始前には当日の星空についてわかりやすく解説する時間を設け、来場者に星や宇宙について興味を深めていただけるプログラムです。

番組名

プラネタリウム  般番組 「10000光年双眼鏡」

あらすじ

プラネタリウム一般番組紹介ポスター宇宙には私たちの地球にそっくりで、しかも地球より文明の進んだ星があるかもしれません。そんなとある星で暮らす少女シヒルは、誕生日にお父さんから「10000光年双眼鏡」をもらいます。それは10000光年先の星まではっきり見える超ハイテク双眼鏡! 夢中で天体観測するシヒルは、偶然ふしぎな惑星を見つけます。そして偶然目にした男の子にひとめぼれしてしまうのでした。その日から、シヒルは寝ても覚めても彼のことばかり。ついには男の子の住む星に行こうと決意します。はるかな宇宙の旅へ! 少女の想いは無事伝わるのでしょうか…?

投影日時

プラネタリウム番組投影案内ホームページ2次元(qr)コード令和3年4月1日(木曜)スタート

4月1日~7月21日までは、毎日14時の回に投映

今夜の星空解説と映像番組で約45分間となります。

学校園団体予約が入った場合、番組内容を変更する場合があります。

7月22日以降の詳しい投映スケジュールは、ホームページでご確認ください。

https://www.kobe-kagakukan.jp/planetarium/

対象

小学校中学年以上

料金

大人(18歳以上)400円、(小・中・高校生)200円 幼児無料

(各種手帳、のびのびパスポートのご利用が可能です。)

休演日

毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌木曜日に休館)

館内整理日(4月12日~14日、9月1日~3日、12月1日~3日)、プラネタリウム点検日(令和4年3月14日~17日)、年末年始(12月28日~1月4日)

春・夏休みは無休

場所

バンドー神戸青少年科学館 プラネタリウムシアター(神戸市中央区港島中町7-7-6)

アクセス

神戸新交通「三宮」駅より北埠頭方面行ポートライナーで12分、「南公園」駅下車 徒歩3分

当館に一般駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局総務部総務課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階