現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > 神戸市立特別支援学校教員の新型コロナウイルス感染について

更新日:2020年12月4日

神戸市立特別支援学校教員の新型コロナウイルス感染について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年12月4日)
教育委員会事務局学校支援部健康教育課

神戸市立特別支援学校に勤務する教員(60歳代・男性・市外在住)が11月30日(月曜)に新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認されました。
保健所による調査の結果、当該教員の濃厚接触者として教員2名が特定され、最終接触のあった日の翌日から14日間自宅待機とするとともに、PCR検査を実施したところ、2名とも陰性でした。
また、念のため、児童生徒8名及び教職員8名を対象として、抗原検査を実施した結果、全員陰性でした。
なお、児童生徒等に対する風評被害を防止する観点から、学校名の公表は差し控えることとします。

新型コロナウイルス感染症の感染者、濃厚接触者に対する風評被害について

新型コロナウイルス感染症の感染者、濃厚接触者とその家族、この感染症の対策や治療にあたる医療従事者とその家族に対する偏見や差別につながるような行為が問題となっています。このような行為は許されるものではありません。誰もが感染者、濃厚接触者になりうる状況であることを受け止めていただくとともに、正確な情報を入手し行動いただきますよう市民の皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

文部科学省「新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて」(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校支援部健康教育課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階