現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年11月 > 神港橘高等学校 「道徳の日(防災教育)」の開催

更新日:2019年11月18日

神港橘高等学校 「道徳の日(防災教育)」の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月18日)
神戸市立神港橘高等学校

 神港橘高等学校では、生徒が「道徳的課題について自ら考え、解決する力」を身に付けることを目的として、毎年「道徳の日」を設定し、集中的に学習を行っています。
 今年度は「防災」をテーマとし(H29「福祉」、H30「国際理解」)、阪神淡路大震災を経験した神戸市立高等学校として、震災の記憶を語り継ぐとともに、災害に備える意識を涵養し、災害発生時に主体的に判断・行動できる生徒の育成を目指します。

1.日時

令和元年11月20日(水曜)
3限から6限(10時50分から15時10分まで) 

2.場所  

神港橘高等学校(神戸市兵庫区会下山町3-16-1)

3.プログラム  

3限:基調講演(テーマ「防災について(仮題)」
4限:モラルジレンマ「大震災」
5・6限:(生徒は下記プログラムより一つを選択し受講する)
     プログラム① 「クロスロード(災害対応カードゲーム)」
       協力:NPO法人 神戸クロスロード研究会
     プログラム② 「言葉がわからない 体験ゲーム」(※1)
       教材提供:滋賀県国際協会 協力:葺合高等学校生徒数名
     プログラム③ 「ハイスクールレスキュー」
       協力:神戸学院大学 社会貢献ユニット
     プログラム④ 「防災キャンドルづくり」(※2)
       支援:本校生徒会役員(DiReSt67)

4.その他  

取材を希望される方は、前日までに本校教頭までご連絡ください。
 
 ※1「言葉がわからない 体験ゲーム」について
    本校近隣に居住する留学生や神戸市立学校に勤務する外国人講師も参加し、
   大震災が発生した時に、言葉がわからない人たちへの支援の仕方をシミュレー
   ションする活動
 
 ※2「防災キャンドルづくり」について
    本校生徒会役員(DiReSt67)が各地で行っている防災・支援活動のひとつの
   ワークショップ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

神戸市立神港橘高等学校