現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 神戸市教育委員会 > 教育委員会の取り組み > 大人・親の働く姿を見せる運動

更新日:2019年11月18日

大人・親の働く姿を見せる運動

ここから本文です。

現在、若者たちの働く意欲が不十分なことや夢をもてない子どもたちが増えていることが大きな社会問題になっており、今こそ児童生徒の一人ひとりの勤労観や職業観を育むいわゆる「キャリア教育」の推進が急務となっています。神戸市においても、小学校・中学校・高等学校のそれぞれの発達段階に応じて、職場体験や熟練者による出前授業等を実施するとともに、夏休みなどに様々な分野のプロや「その道の達人」に学ぶ体験講座を開催するなどの取組みを行っています。

しかし、子どもたちが職業観・勤労観を形成し、将来の夢や希望をもてるようにするためには、行政機関や学校のみならず、企業・事業者の皆様やご家庭・地域の皆様を含む子どもたちをとりまく全ての大人たちが協力してこれを支えていくことが必要です。企業・事業者の皆様やご家庭・地域の皆様には、この運動の趣旨を充分にご理解していただき、積極的にご参加いただきたいと考えております。

企業・事業者の皆様、ご家庭・地域の皆様が様々な機会を通して子どもたちに「大人・親の働く姿」を見せていただきたいのです。そのことが、子どもたちの勤労観や職業観を育むことにつながります。また、ノー残業デーなどにあわせて実施する「ちょっと参観日」もお試しください。

この運動への参加方法

企業・事業者の皆様のこの運動への主な参加方法としては、次の2つの方法があります。

1.「神戸市キャリア教育人材バンク」への登録

学校での出前授業等に派遣できる従業員の方を「神戸市キャリア教育人材バンク」に登録してください。

(注意)学校の希望と調整の上、従業員の方を派遣していただき、仕事のことや働くことなどについて話していただいたり、技術を披露していただいたりすることになります。

窓口やこれまでの取り組み状況等は下記をご覧下さい。

神戸市キャリア教育人材バンク登録窓口

神戸市教育委員会事務局学校教育部学校教育課
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-3
TEL:078-984-0716
FAX:078-984-0717

取り組み状況と人材登録同意書等

2.「子ども参観日(職場訪問)」の実施について

「子ども参観日」を実施される場合には、神戸市でも積極的に情報提供をいたしますので、事前に下記窓口までご連絡ください。

夏休みなど学校の休日に、従業員のお子様やそのお友達を職場に招き、保護者(従業員)など身近な「大人・親の働く姿」を直接見せてあげてください。ただし、職場の受入体制や訪問上の安全性の確保などの条件が必要となります。

窓口や実施手順・必要な書類等は下記をご覧下さい。

「子ども参観日(職場訪問)」窓口

神戸市教育委員会事務局総務部総務課
〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1-3-3
TEL:078-984-0614
FAX:078-984-0618

実施手順と必要な書類等

家庭・地域の皆様は、子どもたちが家での手伝いや地域のボランティア活動などに参加する機会や、子どもたちにご自身の仕事のことやこれまでの人生で経験されたことなどを話して聞かせたりする機会をつくってください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局総務部総務課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階