現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > WWL事業 オンラインによる高校生国際会議の開催~新型コロナウイルス感染症に対する国際協力を提案します~

更新日:2020年7月1日

WWL事業 オンラインによる高校生国際会議の開催~新型コロナウイルス感染症に対する国際協力を提案します~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年7月1日)
神戸市立葺合高等学校

 令和元年度より文部科学省の指定を受けて取り組んでいる「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」の一環として、拠点校である葺合高校で「WWL International Conference Online 2020 at Fukiai」を開催します。

1.目的

  • オンラインによる交流を通じて学びの輪を広げ、日本と世界の高校生同士の繋がりを強め、世界市民としての意識を高める。
  • 参加生徒が世界共通の課題について議論し、現在自分たちが取り組む事のできる解決策を提案することによって、あるべき姿を模索し、新しい価値観を創造する姿勢を養う。

2.日時

 令和2年7月7日(火曜)15時から16時まで
      7月9日(木曜)15時から16時まで

3.場所

 神戸市立葺合高等学校 本館2階(神戸市中央区野崎通1-1-1)
 ※国際科3年生79人が5つの教室に分かれて行います。

4.参加予定国・地域

 オーストラリア・スウェーデン・台湾・フィリピン・ドイツの姉妹校・連携校

5.テーマ

 “リスクマネジメント”
 「新型コロナウイルスによる世界危機における国際協力のありかた」

6.プログラム

  • 使用言語は英語、会議は「Microsoft Teams」を利用する。
  • セッション1、2の2回、5分野に分かれて議論を行う。

  ▽セッション1 7月7日(火曜)15時 開始挨拶・質疑応答・議論
                  16時 終了
  ▽セッション2 7月9日(木曜)15時 開始・セッション1の要約・解決策の提案
                  16時 終了

分野 テーマ 内容
第1分野 教育 遠隔授業における教育格差
第2分野 経済 経済打撃と金融支援
第3分野 健康 感染拡大によるメンタルヘルス問題
第4分野 人権 家庭内暴力と子ども虐待問題
第5分野 情報 情報感染とリスクコミュニケーション

※今年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、オンラインで実施します。

【令和元年度の様子】
wwl1.png wwl2.png

7.その他

 取材希望の場合は、7月6日(月曜)までに教頭の山内へご連絡ください。

(参考)WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業

 将来、イノベーティブなグローバル人材を育成するため、これまでのスーパーグローバルハイスクール事業の取り組みの実績等、グローバル人材育成に向けた教育資源を活用し、高等学校等の先進的なカリキュラムの研究開発・実践と持続可能な取り組みとするための体制整備をしながら、高等学校等と国内外の大学、企業、国際機関等が協働し、テーマを通じた高校生国際会議の開催等、高校生へ高度な学びを提供する仕組み(ALネットワーク)の形成を目指す取り組みです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314