現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年3月 > 成徳小学校(灘区)校区で交通安全対策の実施

更新日:2020年3月13日

成徳小学校(灘区)校区で交通安全対策の実施

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年3月13日)

ハンプを仮設置し、通過する車両の速度抑制効果等を検証します~

神戸市では、兵庫県警察本部等と連携し、灘区深田町の成徳小学校周辺生活道路エリア(ゾーン30指定エリア)において、生活道路の交通安全の確保の取り組みの一つとしてビッグデータ(ETC2.0プローブデータ)(※1)を活用した交通安全対策の検討を進めています。このたび、ビッグデータ(ETC2.0プローブデータ)の分析結果において、成徳小学校北側道路を通過する車両の速度超過が多発していることが分かりました。そこで、走行速度の抑制対策の一つであるハンプ(※2)を仮設置し、車両の速度抑制効果及び周辺環境への影響の調査・検証を実施します。

 

実施場所及び整備内容

【実施場所】ichi

灘区深田町1丁目
成徳小学校北側道路
(市道成徳4号線)

【整備内容】

  • ハンプの仮設置
  • 中央線の削除及び車道外側線の設置

 

実施期間

ハンプ仮設置期間(予定):令和2年3月19日㈭~令和2年4月17日㈮

 

調査・検証内容

通過する車両の交通量、走行速度、騒音を調査し、ハンプの設置に伴う速度抑制効果、周辺環境への影響を検証します。

 

今後について

本検証結果を踏まえて、ハンプの本設置を含めた成徳小学校周辺生活道路エリアの交通安全対策の取り組みを進めていく予定です。

 

(参考)

(※1)ETC2.0プローブデータとは
ETC2.0車載器から取得できるデータのことで、車両の走行速度や急ブレーキ、急ハンドルを行った場所等の情報が記録されています。これを蓄積・解析することで、急ブレーキや急ハンドルが頻繁に発生している箇所、速度超過が発生しやすい箇所といった潜在的な事故危険箇所を特定することができ、交通事故を予防するための対策を検討することが可能となります。

 

(※2)ハンプとは
道路上に設けられた台形状の凸部のことで、通過する車両の速度を抑制する効果があります。

hump

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局道路部工務課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸4階