現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 行財政局の計画・事業等 > ファシリティマネジメントの推進 > ファシリティマネジメントの推進 基本的な考え方 その2

更新日:2019年11月1日

ファシリティマネジメントの推進 基本的な考え方 その2

ここから本文です。

2.ファシリティマネジメント推進の方向

1)3つの柱

(1)「最適な日常管理」

標準的・効率的且つ適正なコストの維持管理による良好な施設機能の確保

(2)「最適な保全整備」

計画的・効果的な投資による長寿命化の実現と環境への配慮

(3)「最適な資産管理」

望ましい公共施設のあり方検討、及び統廃合・利活用による最適保有量の実現

2)中長期的な視点及び分野横断的な視点の導入

人口推移・構造の変化に伴う将来ニーズや財政状況などを見据えて、全庁的な視点で公共施設の再構築に取組む。

3)マネジメントサイクルの導入

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

行財政局資産活用課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1  神戸市役所1号館17階