ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年8月 > 「神戸市子どもの生活状況に関する実態調査」の実施について

最終更新日:2021年8月20日

「神戸市子どもの生活状況に関する実態調査」の実施について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年8月20日)
すべての子どもたちが未来に夢と希望を持って成長していける社会の実現を目指し、貧困の連鎖をはじめとする子どもへの支援策を検討していくため、子どもの生活実態や学習環境、家庭の状況などに関する調査を行います。
調査結果をふまえ、子どもへの効果的な支援の在り方や、支援を必要とする子どもや家庭に対して確実に支援が届くような方策や仕組みを検証、検討していきます。

1.調査の概要

(1)名称
 「神戸市子どもの生活状況に関する実態調査」
(2)対象者
  神戸市立学校※1に通う小学5年生の児童とその保護者(約13,000世帯)
                                          中学2年生の生徒とその保護者(約11,000世帯)
   ※1小学校163校(義務教育学校含む)、分校1校
      中学校82校(義務教育学校含む)、分校1校
      特別支援学校5校※2
    ※2
青陽灘高等支援学校は高等部のみのため、本調査の対象から除いています。
(3)調査項目数
  子ども用 小学生23問、中学生25問
  保護者用 30問 

2.調査方法・スケジュール

(1)8月25日から9月上旬頃、学校において子どもに2種類(子ども用・保護者用)の調査票が入った封筒を配布。
(2)子どもが自宅に持って帰り、自宅にて子ども・保護者がそれぞれ調査票に記入。
(3)記入した調査票を、子ども・保護者がそれぞれ小さな封筒に封入し、2つの封筒を大きな封筒にまとめて封入。
(4)子どもが学校に持参し、9月17日(金曜)までに回収。

 ※調査への参加は任意。
 ※調査結果については、年度末までに報告書にまとめ、ホームページ等で公表予定。

3.本調査の委託先

大阪府立大学 人間社会システム科学研究科 山野則子研究室
 

4.調査項目

(1)子ども向け調査票の項目 ※下線部が神戸市独自項目 
1性別
2学習環境
3学習習慣
4学習成績
5授業の理解度
6授業についていけなくなった時期
7進学希望
8進学希望の理由
9部活動の状況
10部活動等を行わない理由
11家族へのケア
12食事の頻度
13就寝時間の規則性
14遅刻の状況
15信頼できる大人・友人
16主観的幸福(生活満足度)
17自覚症状のある健康状態
18支援の利用状況
19支援の効果
20子どものはく奪指標
(持っているものや使うことができるもの)
21放課後過ごす場所
22放課後ともに過ごす人
23コロナで困っていること
24まわりの人との関係
25この一週間の気持ち

 
※9・10は中2のみの質問項目

(2)保護者向け調査票の項目 ※下線部が神戸市独自項目
1年齢と性別
2回答者の続柄
3居住区
4世帯人数
5家族構成
6親の婚姻状況
7養育費受取状況
8家族で使用している言語
9親の学歴
10親の雇用形態
11就労していない理由
12幼児期の教育
13保護者の関わり方
14学校行事への参加
15進学の見通し
16想定する進学先の理由
17子どもの通学状況
18保護者の頼れる相手
19暮らし向き(主観)
20世帯収入
21滞納・欠乏経験
 
22親から見た子どものはく奪指標
(経済的理由で子どもにできなかったこと)

23支援の利用状況
24居住形態
25コロナの仕事への影響と負担
26コロナで利用した制度

27精神状態
28健康状態
29家族の状況
30子どもの障害の状況

 

(参考)
調査の概要や調査票(日本語版のほかに英語、中国語、韓国語、ベトナム語も用意)、よくある質問とその回答など、本調査に関することは下記ホームページにまとめて掲載しています。

ホームページはこちら
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

こども家庭局こども未来課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階