現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > with コロナ時代における、神戸学院大学と水上消防署の協力体制強化

更新日:2020年7月20日

with コロナ時代における、神戸学院大学と水上消防署の協力体制強化

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年7月20日)
神戸市消防局水上消防署

  神戸市は、学校法人神戸学院 神戸学院大学と包括的な連携協定を結んでおり、神戸市消防局においても防災・減災分野における連携を図ってきました。この度、神戸学院大学と神戸市水上消防署との間で、新型コロナウイルス感染症の拡大等で公共交通機関が停止した場合における消防署員出勤時の駐車場所の提供、及び消防署周辺で浸水が想定される場合における消防車両退避場所の提供に係る覚書を締結し、さらなる協力体制の強化を図ります。なお7月17日(金曜)に、大学学長と消防署長による締結式を執り行い、同日より運用を開始しています。

1.覚書の締結式について

 (1)日時:令和2年7月17日(金曜)

 (2)場所:神戸市中央区港島1-1-3 神戸学院大学

       ポートアイランドキャンパス内

 (3)締結者:神戸学院大学学長   佐藤 雅美(さとう まさみ)

        神戸市水上消防署長 定岡 由典(さだおか よしのり)

2.覚書の内容

  新型コロナウイルス感染症の拡大、梅雨による大雨や台風の接近、夜間の緊急時など公共交通機関が停止した場合でも消防業務を継続するため、速やかに消防署へ出勤する必要がある消防署員に対して、大学側が駐車場所を提供するものです。また、津波警報発令時や大雨・高潮等の異常気象により、消防署周辺において浸水が予想される場合にも、消防車両などの一時退避場所としても提供されます。

  ※大学駐車場から水上消防署までは徒歩約8分の距離となります

  ※大学駐車場は、津波による浸水想定区域外に位置します

3.水上消防署長のコメント

  「出水期の大雨や台風、さらには新型コロナウイルスへの対応など、あらゆる災害発生時にも出勤する必要がある消防署員にとって、この度の覚書の締結は大変ありがたい。いざという時にも消防業務が継続できることで、これからも地域の安全、安心に引き続き尽力していきたい。」

4.その他(記者の方へ)

  ※締結式の写真データについては提供可能です(担当までご連絡ください)。

  ※神戸学院大学においても同様に記者資料を提供しています。

締結式での撮影

佐藤学長と定岡署長

   (左)佐藤学長          (右)定岡署長

佐藤学長と定岡署長

   (左)佐藤学長・(右)定岡署長

締結式記念撮影

左から住事務局長・佐藤学長・定岡署長・首村副署長

※写真データの提供は可能です。担当者まで、お問い合わせください。

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局水上消防署  

〒650-0045 神戸市中央区港島3-2-2