現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年7月 > G20大阪サミットの首脳夕食会で、神戸ワインが提供されました

更新日:2019年7月1日

G20大阪サミットの首脳夕食会で、神戸ワインが提供されました

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年7月1日)
一般財団法人 神戸みのりの公社

G20大阪サミットの首脳夕食会で、神戸ワインが提供されました

ベネディクシオン

ベネディクシオン(赤ワイン)6月28日に大阪迎賓館で開催されたG20首脳夕食会において、「神戸ワイン ベネディクシオン ルージュ2016」が提供されました。

今回、日本ワインを代表して提供されたこの赤ワインは、神戸ワインのフラグシップともいえるワインで、これまでも数々のワインコンクールで受賞したほか、ソムリエや各ワイン専門誌からも高い評価をいただいています。

神戸産のカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロを小仕込みし、収穫年で最もレベルの高い畑のブドウを選別して使用しています。徹底した選果(傷んだブドウや虫食いを取り除くこと)を行い、搾汁も手作業で行うことで自然な発酵を促し、出来るだけストレスを与えない方法で造っています。
ブドウ本来のしっかりとした凝縮感と果実感を持ちながらも繊細な日本料理と融合する味わいは、まさに日本ワインです。

神戸の地でブドウの樹を植えてから30余年。発売当初から神戸産ブドウ100%使用にこだわり続けてきました。
いまでは神戸を代表するブランドに育った神戸ワインが世界各国の首脳たちにふるまわれました。

1.G20首脳夕食会で提供された赤ワイン

商品名:「神戸ワイン ベネディクシオン ルージュ2016」

価格:720ml¥2,880円(税込)
販売場所:市内百貨店、スーパー、神戸ワイナリー、オンラインショップ等で販売
味わい:ベリー系セミドライフルーツの香り、ナッツやハーブ、大地の複雑かつ心地よい香りが混ざり合い、
口いっぱいにふくよかな優しい味わいと果実味が広がります。
使用ブドウ:神戸産カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ
収穫地:神戸市西区、北区
熟成法:木樽熟成1年、ビン熟成

2.その他

G20ライブキッチン 銘柄紹介リーフレットより(シナノリースリング)G20ライブ・キッチンでも、神戸ワイン「神戸印路シナノリースリング」が提供されました。

G20大阪サミットは、首脳以外にも各国代表団やメディアが大勢参加しています。
そういった参加者向けのライブ・キッチンでも神戸ワインの白ワイン「神戸印路シナノリースリング」
が提供されました。(日本ワイン36種類)

関連リンク

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314