現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年6月 > 神戸スイーツをリハビリテーション医学会の参加者に!

更新日:2019年6月6日

神戸スイーツをリハビリテーション医学会の参加者に!

ここから本文です。

ロゴ記者資料提供(令和元年6月6日)
(一財)神戸観光局

神戸スイーツをリハビリテーション医学会の参加者に!実力派パティシエが3000個のケーキでもてなします

オリジンコウベのパティシエ自慢のスイーツが日替わりで登場

今年、神戸で開催される中で最大となる大規模学会(国際リハビリテーション医学会世界会議と日本リハビリテーション医学会学術集会の合同開催)。約1万人が参加する同学会は、6月9日(日曜)~16日(日曜)に神戸コンベンションセンターで開催され、その参加者に神戸自慢のスイーツが日替わりで振る舞われます。

「参加者へのホスピタリティの一環として神戸スイーツを」と学会主催者の要望を受け、神戸コンベンションビューローが神戸で活躍するパティシエ8人によるプロジェクト・ORIGINE KOBE(オリジンコウベ)代表パティシエの林シェフに相談。それぞれの力を集結し、グループで活動することで「パティスリーの街 神戸」の魅力をさらに高めることができないか、という想いをもって活動していることもあり、広く神戸スイーツをアピールできる機会にもなると協力をいただくことになりました。

期間中はグループの中から6店のパティシエが腕を振るい、6日間で計3000個のケーキでおもてなし!1日2店が交代で登場し、毎日20種ほど各店自慢のケーキが並びます。旬のフルーツたっぷりのケーキや、目にも美しい色合いや細工のケーキがショーケースにズラリと並び、華やかになりそう。「学会の合間にちょっと一息。美味しいスイーツでリフレッシュしていただければ」と代表の林シェフ。世界中、また国内から訪れる多くの学会参加者の心に、神戸のあまい思い出の一部として残ることを期待しています。

参加店・パティシエシェフ

オリジナル神戸『パティスリー モンプリュ』林 周平シェフ
『コンパルティール ヴァロール』大西 達也シェフ
『ラヴニュー』平井 茂雄シェフ
『パティスリー ラトリエ ドゥ マッサ』上田 真嗣シェフ
『パティスリー アキト』田中 哲人シェフ
『マ・ビッシュ』村田 博シェフ

パティシエ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階