現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年5月 > 令和元年度「神戸市DV被害者支援活動補助金」の申請受付を開始します

更新日:2019年5月7日

令和元年度「神戸市DV被害者支援活動補助金」の申請受付を開始します

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年5月7日)
こども家庭局
こども育成部家庭支援課

令和元年度「神戸市DV被害者支援活動補助金」の申請受付を開始します

神戸市では、DV被害者の避難先を確保し、安全に保護することを目的として、民間のDV被害者支援団体が行っているシェルターの運営及びDV被害者に対する関係機関への同行支援といった被害者支援活動に補助金を交付しています。
この度、令和元年度の申請を5月7日(火曜)より受付いたします。

1.補助対象者

次の要件に該当する民間団体の代表者で、かつ、市長が適当と認めた者

  • (1)神戸市内に民間シェルター又は主たる事業所を有し、DV被害者支援活動を行う団体
  • (2)規約を定めて運営されている団体
  • (3)補助金交付の申請日において、補助対象事業を実施しており、3ヶ月以上の当該事業の運営実績を有していること
  • (4)営利を目的としないこと

2.補助の対象及び金額

事業名 補助対象経費 補助金の算定基準及び限度額
民間シェルター運営事業 民間シェルターとして設置されている建物の賃借料及び運営費(光熱水費,備品購入費,緊急一時保護した女性等に対応する職員にかかる人件費及び消耗品費,並びに利用者負担金等)並びに民間シェルターを運営している団体が実施する電話相談に対応する職員にかかる人件費 1年間の賃借料及び運営費の総額の2分の1
(ただし、1団体500万円を限度とする。)
同行支援事業 関係機関・施設への同行支援に必要な交通費
外国語の通訳者が同行する必要がある場合で,通訳者に対して別途費用が必要な場合,その通訳者費用
実際に要した費用の2分の1
(ただし,交通費については,対象となるDV被害者1人につき1日1回まで,通訳者が同行する場合は通訳者を含めて2回までとし,1回あたり2,000円を上限とする。通訳者費用については,1回あたり2,500円を上限とする。1団体年間20万円を限度とする。)

3.申請方法

「DV被害者支援活動補助金交付申請書」に必要な書類を添付して、家庭支援課に申請してください。
※「DV被害者支援活動補助金交付申請書」はホームページからダウンロードできます。

4.募集期間

令和元年5月7日(火曜)から6月7日(金曜)まで(消印有効)

5.申請書類提出先(郵送または持参)・問い合わせ先

こども家庭局家庭支援課 〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5-1
Tel 078-322-0249 mail:soudanshien@office.city.kobe.lg.jp
※持参される場合は、土日祝日を除く8時45分~12時、13時から17時30分に受付いたします。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階