現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年4月 > -ふるさと納税をされる神戸市民の皆さまへ- 5月8日から神戸市のふるさと納税制度が変わります

更新日:2019年4月24日

-ふるさと納税をされる神戸市民の皆さまへ- 5月8日から神戸市のふるさと納税制度が変わります

ここから本文です。

記者資料提供(平成31年4月24日)
行財政局税務部税制企画課

-ふるさと納税をされる神戸市民の皆さまへ- 5月8日から神戸市のふるさと納税制度が変わります

神戸市では、神戸を応援したいという思いをもった皆さまから寄附いただいた「ふるさと納税」を「文化・スポーツの振興」「児童・学生の学びの支援」といった様々な事業・プロジェクトに活用させていただいています。

さて、このたび地方税法等の改正により、全国のふるさと納税制度が変わります。

ふるさと納税の本来の趣旨に沿って地方税法等が改正され、ふるさと納税を実施する地方団体として指定を受けようとする自治体は、ふるさと納税の趣旨に反するような返礼品の提供や、自団体の住民への返礼品の提供などを行わないことが定められます。

これを受けて、神戸市でも、ふるさと納税制度の取り扱いの一部を改め、神戸市在住の人への返礼品の提供を終了します。

税金の控除(減税)は、引き続き受けていただくことができます。

今年度もみなさまからの応援をカタチにし、より魅力的な街に向かって神戸の夢を紡いで参りますので、引き続き神戸市へのふるさと納税にご協力をお願いいたします。

1.5月8日以降は、神戸市民への返礼品の提供を行いません

法改正の趣旨を踏まえ、5月7日申し込み分をもって、神戸市在住の人からのふるさと納税に対する返礼品の提供を終了します。

2.引き続き、神戸市民も税額控除が受けられます

5月8日以降も引き続き、神戸市在住の人も、確定申告またはワンストップ特例制度の利用により、神戸市へのふるさと納税寄附金額に対する税額控除が受けられます。

3.これからも、寄附金の使い道を指定できる寄附メニューを充実させていきます

神戸市へのふるさと納税では、「文化・スポーツ」「生命」「こども・学校」など8つのテーマ・30を超える具体的なメニューから、寄附金の使い道を指定していただくことが可能です。

ふるさと納税によって、皆さまの思いを神戸のまちに届けてください。

寄附メニューの一例

アートプロジェクトKOBE2019:TRANS-

アートプロジェクトKOBE2019:TRANS-の画像
兵庫港、新開地、新長田などのエリアを舞台に現代アートを中心としたイベントに活用します。

神戸医療産業都市

神戸医療産業都市のイメージ画像
がん等の難病の克服にむけた治療薬の開発、新たな医療機器の開発などに活用しています。

私立高校を選んで応援

私立高校を選んで応援のイメージ画像
神戸市内の私立高校の教育環境の充実やスポーツ・文化活動などに活用しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階