現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年4月 > 阪神・淡路大震災-復興VR-を共同開発

更新日:2019年4月19日

阪神・淡路大震災-復興VR-を共同開発

ここから本文です。

神戸市×KDDIのロゴマーク記者資料提供(平成31年4月19日)
企画調整局 産学連携ラボ
KDDI株式会社 広報部
078実行委員会事務局

神戸市×KDDI 阪神・淡路大震災-復興VR-を共同開発 ~神戸市開催のイベント「078」にて視聴体験を実施~

1.趣旨

このたび、神戸市とKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)は、阪神・淡路大震災の教訓を継承し、防災意識を高める「あなたが伝える阪神・淡路大震災―復興VR」(以下 本VRコンテンツ)を共同で開発しました。

本VRコンテンツは神戸市で開催予定のクロスメディアイベント「078(ゼロ・ナナ・ハチ)」にて、2019年4月28日から29日まで参加者向けに視聴体験を実施します。

本VRコンテンツの共同開発と、イベント「078」にて参加者向けに視聴体験の実施は、KDDIと神戸市が、2018年12月21日に地域活性化を目的とした連携に関する協定(以下 本協定)を締結した取り組みの一環です。

2.「あなたが伝える阪神・淡路大震災-復興VR」共同開発

(1)目的

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災は、2020年に発生から25年が経過し、震災を経験していない若い世代が増えています。また神戸市では震災当時の資料を多数保有している一方、十分に活用ができていない課題がありました。この課題に対し、震災の風化を防ぎ、防災意識を若い世代に引き継ぐため、保有していた写真・映像を活用し、新しい防災教育のツールとして、KDDIと神戸市は本VRコンテンツを共同で開発しました。

今後は、地域や教育の現場における活用を予定しております。

(2)内容

  • 震災前から震災発生時の写真、および動画素材を360度に配置したVR体験
  • 震災から復興の過程と、被災地点の現在の様子の体験
  • 震災の教訓を継承するメッセージ
  • 防災教育クイズ
映像イメージ

※高精細360度映像により、視点を上下左右、後方に動かしてその場にいるように復興の様子を体験

被災直後のメリケンパーク被災直後のメリケンパーク(写真)

復興後のメリケンパーク復興後のメリケンパーク(360度映像)

(3)各者の役割

神戸市:VRコンテンツ原案作成・監修、阪神・淡路大震災資料提供(写真・動画を含む)
KDDI:高解像度VRシステム開発、VRコンテンツ作成、078イベント出展

3.「078」における「あなたが伝える阪神・淡路大震災-復興VR」体験の概要

(1)実施日時

  • 2019年4月28日(13時から18時)
  • 2019年4月29日(10時から18時)

※コンテンツ内容は1回5分程度

(2)実施場所

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
(兵庫県神戸市中央区小野浜町1-4)

「078」とは

「若者に選ばれ、誰もが活躍するまち」神戸を実現するため、未来に向け魅力と活力あふれる都市として発展する神戸を発信するための新たなクロスメディアイベント。エンジニアが集い、交わることで創りあげる参加型フェスティバル。

078イベントロゴ
<イベントロゴ>

日時:2019年4月27日から29日

場所:兵庫県神戸市内
(みなとのもり公園、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)、東遊園地、メリケンパーク、神戸ハーバーランド 高浜岸壁、三宮センター街1丁目商店街)

4.連携協定について

本コンテンツの共同開発と、クロスメディアイベント「078」にて参加者向けに視聴体験の実施は、KDDIと神戸市が、2018年12月21日に締結した地域活性化を目的とした連携に関する協定(以下 本協定)による取り組みの一環です。

  • (1)締結日
    2018年12月21日
  • (2)本協定の内容
    • 〔1〕神戸市主催イベントの活性化に関する事項
    • 〔2〕ICTを活用した防災教育事業の開発に関する事項

今後もKDDIと神戸市は、相互連携と協働による活動を推進し、5G時代を見据え、ICTをはじめとするKDDIの資源の有効活用を通じて、神戸市の市民サービスの向上、地域活性化を図ってまいります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階