現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年4月 > キャッシュレスの普及・促進に向けた実証実験プロジェクトの実施事業者を決定

更新日:2019年4月9日

キャッシュレスの普及・促進に向けた実証実験プロジェクトの実施事業者を決定

ここから本文です。

記者資料提供(平成31年4月9日)
企画調整局企画課
経済観光局観光MICE部観光企画課
経済観光局商業流通課

神戸市における「キャッシュレス導入実証実験」 キャッシュレスの普及・促進に向けた実証実験プロジェクトの実施事業者を決定

神戸市では、市内におけるキャッシュレス化の機運の更なる向上を目的とした「キャッシュレス導入実証実験」を行うため、民間事業者主体による実証実験プロジェクトの募集を行いました。

このたび、下記のとおり、実証実験プロジェクトの実施事業者を決定しましたのでお知らせします。

1.実証実験の概要

キャッシュレス決済を市内集客観光施設や商店街・小売市場等へ試験的に導入し、消費者の利便性向上や事業者の業務効率化、観光客の回遊促進等を図る民間事業者主体による実証実験を行います。実証実験については、神戸市がサポートを行い、実施後、その有効性や効果を検証します。

2.実証実験プロジェクトの実施事業者

神戸市施設(王子動物園、須磨水族園)

採択事業者とプロジェクトの紹介、上から事業者名、プロジェクト名、概要
事業者 楽天ペイメント株式会社(注)
プロジェクト名 神戸市施設への楽天ペイ導入による業務効率向上効果検証プロジェクト
概要 キャッシュレス化による業務効率の向上と施設間を連携させた回遊性の向上

民間施設等[4件]

採択事業者とプロジェクトの紹介、上から事業者名、プロジェクト名、概要
事業者 PayPay株式会社
プロジェクト名 PayPay導入による神戸キャッシュレスプロジェクト
概要 市内イベントや商店街との連携による回遊性の向上とインバウンド観光客の消費拡大
採択事業者とプロジェクトの紹介、上から事業者名、プロジェクト名、概要
事業者 株式会社メルペイ
プロジェクト名 メルカリアプリを活用した地域経済循環促進モデルの構築
概要 メルペイを活用したキャッシュレス推進及び地域の活性化による回遊性の向上
採択事業者とプロジェクトの紹介、上から事業者名、プロジェクト名、概要
事業者 LINE Pay株式会社
プロジェクト名 地域のキャッシュレス化加速を目指す実証実験プロジェクト
概要 LINEの発信力を活用したキャッシュレス化の促進
採択事業者とプロジェクトの紹介、上から事業者名、プロジェクト名、概要
事業者 楽天ペイメント株式会社(注)
プロジェクト名 民間施設等への楽天ペイ導入による消費者の利便性向上及び事業者の業務効率向上効果検証プロジェクト
概要 完全キャッシュレス化を実現したノエビアスタジアムとの連携及びキャンペーンの実施等による回遊性の向上

(注)2019年4月1日の会社分割により、楽天株式会社から楽天ペイメント株式会社に事業承継しています。

3.今後のスケジュール

各実証実験プロジェクトの実施環境が整い次第、順次開始します(10月中旬までを予定)。
※各施設管理者との協議により、期間が変更される場合があります

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階