現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2018年12月 > 全国初!タブレットを活用した神戸港水門・防潮鉄扉の遠隔操作・遠隔監視システムの導入へ

更新日:2018年12月20日

全国初!タブレットを活用した神戸港水門・防潮鉄扉の遠隔操作・遠隔監視システムの導入へ

ここから本文です。

記者資料提供(平成30年12月20日)
みなと総局
海岸防災部

全国初!タブレットを活用した神戸港水門・防潮鉄扉の遠隔操作・遠隔監視システムの導入へ

神戸市では、南海トラフ巨大地震による津波(1,000年に一度のレベル2津波)の対策として、避難を中心としたソフト対策に加えて、減災を目標としたハード対策として防潮施設の「ねばり強い構造への補強」を進めています。
津波の浸水被害を最小限に食い止めるためには、神戸港沿いの水門及び防潮鉄扉を迅速かつ確実に閉鎖する必要があります。現在は、現地で水門及び防潮鉄扉の開閉状態を確認していますが、閉鎖従事者の安全確保や、鉄扉の統廃合を含めた操作の省力化が課題となっています。
そこで、今年度から三宮南地区において、タブレットを活用した「水門・鉄扉の遠隔操作・遠隔監視化」の実証実験に着手しており、今後、その結果を踏まえた課題抽出や解決策の検討を進め、2020年度から概ね5か年を目標に、水門・鉄扉の統廃合と遠隔操作化を完了させることで、確実かつ迅速な水門・鉄扉の閉鎖ができる環境を整備していきます。

水門・防潮鉄扉の遠隔操作・遠隔監視システムについて

(1)遠隔操作システム

鉄扉のイメージ遠隔地からタブレットを操作して水門・鉄扉を「遠隔閉鎖」することができ、さらにJ-ALERTと連携した「自動閉鎖」も可能です。
これにより、大規模災害時に職員が庁舎に移動できない事態でも迅速かつ安全に閉鎖できます。

  • 2019年度末 三宮南地区(先行整備エリア)の整備完了予定(15基)
  • 2024年度末 全域で整備完了予定(59基)

(2)遠隔監視システム

全国初となる、LPWA(Low Power Wide Area:省電力広域無線)を活用した通信により、遠隔地からタブレット、ディスプレイを利用して、センサーを取り付けた鉄扉の「開閉状態を確認」することができます。

  • 2020年度末 全域で整備完了予定(167基)

(参考)LPWA(Low Power Wide Area:省電力広域無線)について
少ない消費電力で数kmの長距離通信が可能な無線通信で、IoTの構成要素の1つとして注目されている技術

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階