現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2018年12月 > 水道水における異臭の発生について(終報)

更新日:2018年12月6日

水道水における異臭の発生について(終報)

ここから本文です。

記者資料提供(平成30年12月6日)
水道局事業部施設課
水道局事業部配水課

水道水における異臭の発生について(終報)

水道局では、平成30年12月4日(火曜日)に上唐櫃配水池から配水をしている地域で発生した水道水の異臭について、対応(復旧作業等)と原因の特定及び再発防止対策を行いましたので、ご報告いたします。

異臭の原因について

  • (1)水道局にて採水した水道水を水質試験所で検査したところ、塗料に含まれる揮発性有機物質が検出されました。
  • (2)上唐櫃配水池では、二つある水槽のうち、片側内部の塗装工事を行っていましたが、塗装エリア内を密閉する措置や、換気に、一部不十分と見られる箇所を確認しました。
  • (3)ここから「臭気」が漏出し、もう一方の水槽の水道水に臭いが移ったことが原因と思われたため、直ちに養生をやり直しました

対応(復旧作業等)

  • (1)厚生労働省が定める水質基準項目の「臭気」以外の項目及び水質管理目標設定項目は基準内でしたが、影響範囲のご家庭では飲用をひかえていただくお願いをしました。
  • (2)対象地域においては、「臭気」のある水を排水する作業と当該配水池を経由しない配水方法への変更を行いました。
  • (3)12月6日午前8時の復旧完了まで、8箇所の応急給水箇所を開設しました。

※参考
水質基準には、生活上支障関連20項目と健康関連31項目があります。「臭気」は、生活上支障関連項目に該当します。
水質管理目標設定項目は、水質基準に係る検査等に準じた検査を要請するもので、今回の臭気の原因となったトルエンはこれに該当します。今回のトルエンの最大濃度は、0.0007mg/リットルで基準値(0.4mg/リットル)の540分の1でした。

再発防止対策

  • (1)今後、引き続き、詳細に現場状況を確認し、安全が確実に担保された時点で、工事を再開する予定です。
  • (2)また、工事再開後は、水質管理について万全を期すため、工事期間中に必要に応じて臨時の水質検査を行います。

今回の事案では、お客さまには大変ご迷惑、ご不便をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階