現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年10月 > 神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」

更新日:2017年10月27日

神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年10月27日)
企画調整局政策企画部企画課(神戸市文書館)松本、山本
TEL:078-232-3437 FAX:078-232-3840
E-mail:kbmg@bz03.plala.or.jp

神戸市文書館企画展「近代神戸の開かれた六甲山」

このたび神戸市文書館では、神戸開港150年・明治150年関連施策として「近代神戸の開かれた六甲山」展を開催します。
開港を機に神戸にやって来た外国人は、それまで生活や信仰の対象であった六甲山をスポーツの場として開発し、楽しみだしました。そしてそれを契機に、六甲山はレクリエーションゾーンとして開発が進み、現在は全国でも有数の一大観光地として親しまれています。
今回の企画展では、来年度に刊行する予定の新修神戸市史「生活文化編」の中からそのような開港後の六甲山の開発を中心に紹介します。

1 会期・会場等

  • 開催期間 平成29年11月6日(月曜)~19日(日曜)
    期間中は土・日曜日も開館します。
  • 開館時間 午前10時~午後4時
  • 会場 神戸市文書館(神戸市中央区熊内町 1-8-21)
  • 会場アクセス ご来館は公共交通機関をご利用ください。
    • (市バス)2系統又は18系統「熊内5丁目バス停」下車すぐ
    • (市営地下鉄)「新神戸」駅下車、東へ徒歩約15分
    • (阪急)「春日野道」駅下車、北へ(坂道)徒歩約15分
  • 入館料 無料

2 展示内容

  • (1)六甲山の開発の歴史紹介パネル
  • (2)大正期の英文登山誌「INAKA」
  • (3)六甲山系の地図、写真、観光案内冊子等
  • (4)「明治14年兵庫・神戸実測地図」(地理局測量課、明治9~10年測量)
  • (5)映像「失われた鉄道を求めて~国鉄有馬線~(企画・西宮市)」

3 主催

神戸市文書館

4 後援

  • NHK神戸放送局
  • 神戸新聞社

5 協力

神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階