現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年10月 > ”須磨海浜水族園”スマスイ生きものスクール 大水槽の餌やり付き「魚の捌き方も教えます!サバの解剖教室」の参加者を募集します!!!

更新日:2017年10月13日

”須磨海浜水族園”スマスイ生きものスクール 大水槽の餌やり付き「魚の捌き方も教えます!サバの解剖教室」の参加者を募集します!!!

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年10月13日)
神戸市立須磨海浜水族園 担当:東口、寺園
TEL:078-731-7301/5020 FAX:078-733-6333
URL:http://sumasui.jp/

”須磨海浜水族園”スマスイ生きものスクール 大水槽の餌やり付き「魚の捌き方も教えます!サバの解剖教室」の参加者を募集します!!!

須磨海浜水族園では、生きものや自然、環境問題などについて学びたい方のために、さまざまなプログラムを提供しています。今回は、普段水族園で生きた姿をご覧いただいているサバの体の仕組みを知っていただく生きものスクールとして、「魚の捌き方も教えます!サバの解剖教室」を開催します。さらに、捌いたサバの切り身は、参加者の皆さんと一緒に大水槽の魚に餌として与えます。
日本は魚介類の消費大国として有名ですが、魚の刺身で販売されていることが多く、丸ごと1尾を購入して刺身にすることは少ないのではないでしょうか?今回のスクールでは、魚の各部の名称や内臓の仕組みを知りながら、魚の捌き方もレクチャーします。
普段、何気に食卓に上がるサバ。その体のつくりはどうなっているのでしょう?サバ好きな方も、そうでない方も、この機会に、じっくりと観察してみませんか?

1.開催日時

平成29年11月26日(日曜)13時~14時15分

2.開催場所

当園 本館2階 レクチャールーム

3.対象者

小学4年生以上(小学生は保護者同伴/保護者も有料)

4.定員

20名 ※申し込み多数の場合は抽選

5.参加費

1人700円(別途入園料が必要)

6.内容

オリエンテーション(サバの体のひみつと解剖の注意点を解説)
解剖実習

7.持ち物

手を拭くためのタオル、筆記用具

8.その他

今回解剖するサバは食べることはできません。

9.申込方法

当園のホームページのオンラインシステムから申し込み、又は往復ハガキにて氏名、住所、年齢、電話番号、参加人数、を明記の上、下記まで申し込み

〒654-0049 神戸市須磨区若宮町1-3-5
神戸市立須磨海浜水族園「サバの解剖教室」係

締め切り 平成29年11月12日(日曜)必着

公式ホームページオンライン予約 https://www.sumasui.net/school

解剖予定のサバ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階