現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年10月 > 選挙における高校生への投票啓発及び主権者教育の実施

更新日:2017年10月2日

選挙における高校生への投票啓発及び主権者教育の実施

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年10月2日)
中央区選挙管理委員会事務局(総務部総務課) 山上・後藤
TEL:078-231-6000
E-mail:chuo-chousa@office.city.kobe.lg.jp

選挙における高校生への投票啓発及び主権者教育の実施

目的

平成28年6月19日より選挙権年齢が18歳に引き下げられ、昨今、未成年者への投票啓発及び主権者教育の必要性が高まっている。
10月22日(日曜)に選挙が執行予定であることを踏まえ、今後初めて選挙権を持つ高校3年生に向けて講演を行うことで、“若い世代が投票へ行くことの意義”や“選挙権を得てこれを行使する心構え”を伝え、選挙への意識向上を図るとともに、政治への参加について自主的に考える機会を設ける。

実施概要

  1. 日時:平成29年10月5日(木曜) 15時~15時50分
  2. 場所:神戸市立葺合高等学校 フェニックスホール
    (〒651-0054 神戸市中央区野崎通1丁目1-1)
  3. 講師:神戸新聞社報道部 廣畑 千春 氏
  4. 対象者:神戸市立葺合高等学校の3年生 約360名

内容

  • なぜ、選挙に行かなければならないのか
  • メディアなどの媒体を用いた情報収集方法、候補者選択の視点や考え方

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階