現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年8月 > 平成29年度 神戸市産業功労者表彰受賞者の決定及び表彰式の開催

更新日:2017年8月22日

平成29年度 神戸市産業功労者表彰受賞者の決定及び表彰式の開催

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年8月22日)
経済観光局経済部経済政策課:習田・高西
TEL:078-322-5324 内線:3811
E-MAIL:etb_soumu@office.city.kobe.lg.jp

平成29年度 神戸市産業功労者表彰受賞者の決定及び表彰式の開催

神戸市では、市の産業活動に貢献した方々の功績をたたえるため、産業功労者表彰、商工業功労者表彰並びに農林水産功労者表彰を実施しております。本年度も受賞者が決まり、以下により表彰式を開催いたします。

表彰式

  1. 日時 平成29年8月28日(月曜日)午後2時00分~午後3時15分
  2. 場所 神戸市役所1号館14階大会議室
  3. 式次第
    • 開式
    • 表彰
    • 市長式辞
    • 来賓祝辞
    • 閉式

受賞者

被表彰者74名+3団体

1 産業功労者 10名(50音順)

新井 康夫(あらい やすお)-サンナイト株式会社 代表取締役社長-

神戸の地場産業であるケミカルシューズ産業において、日本ケミカルシューズ工業組合の副理事長を12年、理事長を1年務められ、業界の振興にご貢献されている。ケミカルシューズのブランド化のために「神戸シューズ」を地域団体商標として登録し、百貨店等での神戸シューズフェアを積極的に開催するなど、知名度向上にご尽力された。さらに、ファッションシューズコンテストを開催するなど若手人材育成にも積極的に取り組んでおられる。理事長就任後は、マロニエゲート銀座2に神戸シューズの直営店を初めて出店し、販路拡大と神戸のケミカルシューズの周知に大きくご貢献されている。

大島 孝一郎(おおしま こういちろう)-大島金属工業株式会社 代表取締役-

平成22年5月に一般社団法人神戸市機械金属工業会副会長に就任し経営振興部会の担当副会長となる。平成26年度からは連携事業部会も担当することとなり、副会長として市内の工業高校や工業高専等の次代を担うものづくり人材の育成、地元中小製造業の人材確保等の課題解決に向け、地元教育機関と産学連携の推進に取り組むなど、団体の円滑な運営とともに製造業の発展に多大なご貢献をされている。また、大島金属工業株式会社では、創業(明治45年)以来、金属プレスや板金加工を中心に、自動車用電子部品、船舶用電子部品、医療機器部品、鉄道用部品など幅広い分野の製品加工やアセンブリ等で実績を積み重ねてこられた。平成9年度には「神戸発・優れた技術」の認定を受けるなど、その技術力は高く評価されている。さらに、長年にわたり、市内工業高校から数多くの生徒を招き、企業実習を実施するなど、地元のものづくり人材の育成にも大いにご貢献されている。

岡崎 忠彦(おかざき ただひこ)-株式会社ファミリア 代表取締役社長-

株式会社ファミリアの5代目代表取締役社長として、企業理念である「子どもの可能性をクリエイトする」の名のもと、子育て体感型店舗をオープンさせるなど、ベビー・子供服事業にとどまらない社業の発展にご尽力されている。また、同社をモデルとした朝の連続テレビ小説も放送されるなど、神戸に日本中から注目が集まるなか、同氏はべっぴんさん推進協議会の委員として、神戸別品博覧会や東京でのPR活動に積極的に活動し、神戸の上質で丁寧なものづくりの魅力発信に大きくご貢献された。

工藤 恭孝(くどう やすたか)-株式会社丸善ジュンク堂書店 代表取締役社長-

昭和38年に大同書房として創業。昭和51年に株式会社ジュンク堂書店に改称(現株式会社丸善ジュンク堂書店)して以降、代表取締役社長として長年にわたり神戸市の出版業界の振興に寄与されている。また、阪神・淡路大震災の際、いち早く店舗を再開させるなど、書籍を通して神戸の復興にもご尽力された。さらに、東遊園地で開催された「アウトドアライブラリー」にご協賛いただくなど、本を介して様々な人が交流する機会の創出にご貢献された。その他、三宮センター街1丁目商店街振興組合理事やザ・ファーストの副会長として三宮商店街の活性化にもご貢献されている。

佐々木 勝司(ささき かつし)-有限会社 朝日温泉 代表取締役-

朝日温泉の代表取締役として、地域住民の保健衛生の維持及び地域交流の場の提供にご尽力されている。また、施設の衛生向上や組合員の衛生規範の向上のため、本市衛生行政にも積極的にご貢献され、平成25年より神戸市環境衛生協会の監事も務められるなど、公衆浴場のみならず、環境衛生業界における衛生思想の向上、後進の育成にご尽力されている。さらに、神戸市浴場組合連合会会長として協力組合活動の円滑な運営、組合員の指導育成にあたるとともに、神戸マラソンの際にはランナー及びボランティアを無料で銭湯に招待いただくなど、業界の振興に大きくご貢献いただいた。

三宮 秀介(さんのみや ひですけ)-株式会社インテリアさんのみや 代表取締役会長-

平成26年9月より、神戸市商工団体総連合会の副会長に就任され、相互扶助と協同の理念に基づき市内中小企業の発展と地位向上のために活動し、同会の運営を支えてこられた。また、平成26年5月まで兵庫県室内装飾事業協同組合理事長を務められ、地元室内装飾業界の振興にご貢献された。現在も、同組合相談役として、組合運営をサポートされている。他にも、兵庫県中小企業団体中央会の理事を務められるなど、神戸地域の産業振興に多大なご貢献をされている。

谷川 安夫(たにがわ やすお)-JA兵庫六甲神戸北代表農会長会 前会長-

昭和59年より平成28年3月まで有野支店堀越農会長、平成元年から平成28年3月まで有野支店農会長会会長、平成12年から平成27年3月まで15年の長きにわたり神戸北代表農会長会会長として、北神地域の水田農業の推進にご尽力いただいた。また、平成24年から平成28年まで、神戸市農業活性化協議会の監事として、大局的な見地から当協議会の円滑なる業務運営にご貢献されるなど、市域農業の発展のために寄与された。

當谷 泰子(とうたに やすこ)-有馬温泉銀水荘 兆楽 女将-

長年にわたり、有馬温泉を代表する旅館の一つである「銀水荘 兆楽」の女将として、有馬に来られた観光客を心のこもったおもてなしで迎えるとともに、有馬地区での観光振興にご尽力されてきた。平成27年より兵庫県旅館ホテル生活衛生同業組合女将の会の会長として、接客向上のための人材確保や、兵庫県の観光地の県外発信等に努めてこられるなど、神戸の観光振興にご貢献されている。

花房 一馬(はなふさ かずま)-JA兵庫六甲神戸西稲作経営部会 会長-

平成5年より神出南上地区農会長を努められ、平成12年から現在まで神出地区代表農会長を務められている。また、平成16年より現在まで13年の長きにわたり神戸西稲作経営部会会長として、稲作を経営の基礎として確立するために取り組みを進めるほか、交流体験を通じ都市と農村の相互理解を深めるなど、農業の振興はもとより、地域の活性化に寄与されている。

若松 康裕(わかまつ やすひろ)-川西倉庫株式会社 代表取締役社長-

川西倉庫株式会社社長として、既存事業の拡大・強化および神戸港における「集荷、創荷、競争力強化」に大きく貢献するため、神戸支店六甲ターミナル営業所六甲物流センターを開設するなど、社業の発展に大きく貢献されている。また、平成27年11月に兵庫県倉庫協会会長に就任して以来、現在に至るまで、常に兵庫県倉庫協会運営の中心となり、同協会の基盤を強固にされてこられた。
その他、神戸開港150年に合わせ発足した神戸港将来構想研究会委員に平成27年11月に就任し、神戸港の更なる発展のため、構想の策定に多大なご貢献をされた。

2 商工業功労者 55名(別紙名簿をご参照ください)

市内の商工業の振興発展に功労があった方を表彰

  • (1)技術功労者 17名
  • (2)経済団体功労者 16名
  • (3)従業員功労者 22名

3 農林水産功労者 9名+3団体(別紙名簿をご参照ください)

市内の農林水産業の振興発展に功労があった方・団体を表彰

  • (1)農産功労者 6名
  • (2)水産功労者 1名
  • (3)関係団体功労者 2名
  • (4)里づくり功労者 3団体

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階