現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年8月 > 公開講座“奥田佳道のCLASSICの楽しみ方”

更新日:2017年8月1日

公開講座“奥田佳道のCLASSICの楽しみ方”

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年8月1日)
(公益)神戸市民文化振興財団事業部演奏課 三宅・武田
TEL:078-361-7241
E-mail:info@kobe-ensou.jp

神戸市室内合奏団 “CLASSIC PLUS” 公開講座“奥田佳道のCLASSICの楽しみ方”

神戸(市室内合奏団)の神戸(出身音楽家)による神戸(を愛する市民)のためのプロジェクトとして走り出した「CLASSIC PLUS(クラシック・プラス)」。
きたる平成30年2月24日(土曜)の特別演奏会をより楽しんでいただくため、「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート」の解説でお馴染みの奥田佳道氏によるクラシック入門講座を開催します。クラシック初心者の方、大歓迎。本日より申し込みを受け付けます。

1.講座概要(全3回)

  • 場所:東灘区民センター多目的室
  • 受講料:各回500円
  • 定員:各回100名
  • 特典:受講者の方には、CLASSIC PLUS特別演奏会のチケット(S席・A席)を500円引きで販売します。

第1回「音楽の都ウィーンへ想いをよせて」

  • 日時:平成29年11月18日(土曜)13時30分から15時
  • 内容:ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンが活躍。ヨハン・シュトラウスらがワルツを育む。世紀転換期にもマーラーが妖しい音彩を奏でる。これが楽都ウィーン。

第2回「時代、次代を切り拓いた鬼才ベートーヴェン」

  • 日時:平成29年12月16日(土曜)13時30分から15時
  • 内容:1800年、30歳の年に交響曲第1番を作曲。1824年に交響曲第9番を作曲したシンフォニスト。その歩み。「英雄」「運命」「田園」の素晴らしさ。

第3回「ベートーヴェン作曲 交響曲第7番を味わい尽くす」

  • 日時:平成30年1月20日(土曜)13時30分から15時
  • 内容:ウィーン大学講堂での初演は歴史的イヴェント。名演奏家が勢ぞろい。第7番はウィーン音楽史の、ここぞ!という場面を彩る交響曲。コンサートの聴きどころを添えて。

2.申し込み・問い合わせ先

東灘区民センター
住所:神戸市東灘区住吉東町5-1-16
電話番号:078-822-8333
※第3月曜休館(ただし、祝日の場合は開館)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階