現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年4月 > KIITO: 未来のかけらラボ vol.11 トークセッション

更新日:2017年4月26日

KIITO: 未来のかけらラボ vol.11 トークセッション

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年4月26日)
企画調整局創造都市推進部(デザイン都市推進担当) 高槻・北川
TEL:078-322-6570 内線2362
E-mail:design-kobe@office.city.kobe.lg.jp
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)近藤・中野
TEL:078-325-2235 FAX:078-325-2230
E-mail:info@kiito.jp

問題と思われていることから新たなプロダクトを生み出していく。エコロジー、エシック、日本の知恵 KIITO: 未来のかけらラボ vol.11 トークセッション

神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。この取り組みの環として、次のとおりイベントを開催いたしますので、ぜひご参加ください。

未来のかけらラボ vol.11 トークセッションの画像カット&ソー工場や靴下工場から出る残糸を使った端材から製品を作り、事業化するというユニークな活動で注目された浜井弘治さん。しかし彼の活動はこれにとどまらず、和紙を糸にして布地を作ったり、竹林公害に悩む山口県では竹からファッション素材を作ったり、問題と思われている状況を逆手にとって、全く新しいものを次々に生み出してきています。そこには日本の知恵をプロダクトに活かすという姿勢があると彼は言います。そして徹底的に地場にこだわること。現在、兵庫県西脇市や加西市の産地と進めている事例の紹介も含め、エコロジカルデザイン、エシカルデザインの立場からの創造的な問題解決アプローチについて語っていただきます。
(写真:「WASHINOITO」(2016, せたがや生活工房、東京))

|日時|平成29年6月23日(金曜)19時~20時半
|会場|KIITO 1Fカフェ 
|参加費|500円(1ドリンク付き)
|定員|40名(事前申し込み制・先着順)
|申込み|平成29年4月26日(水曜)14時よりウェブサイト(http://kiito.jp/)にて申込み受付開始
|講師|浜井 弘治(ファッションデザイナー/うるとらはまいデザイン事務所)
|モデレーター|芹沢高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)
|主催|デザイン・クリエイティブセンター神戸

講師プロフィール:浜井 弘治(はまい こうじ)

ファッションデザイナー/うるとらはまいデザイン事務所
山口県下関市生まれ。第61回装苑賞受賞。株式会社三宅デザイン事務所に服飾デザイナーとして入社。インターナショナル・テキスタイルデザインコンテスト「ファッション振興財団賞」受賞を機に独立。工場の残った糸を回収した残糸シャツ、和紙デニム等和紙糸テキスタイル開発、衣料の最終地点/反毛MA-1、バクテリアシャツ、ガラ紡デニム等、ファッション業界の隙間を形にする「株式会社うるとらはまいデザイン事務所」を設立する。

「未来のかけらラボ」とは

現代社会はさまざまな意味で混迷を深めています。未来が見えにくくなっており、そのために、希望を感じにくくなっているとも言えるでしょう。このラボはセンター長・芹沢高志をモデレーターに、身近に散らばる多様な未来のかけら、つまり可能性の芽を拾い集め、草の根的に自分たちの未来を思い描こうとしていく試みです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階