現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2017年4月 > KIITO: 未来のかけらラボ vol.10 トークセッション

更新日:2017年4月26日

KIITO: 未来のかけらラボ vol.10 トークセッション

ここから本文です。

記者資料提供(平成29年4月26日)
企画調整局創造都市推進部(デザイン都市推進担当) 高槻・北川
TEL:078-322-6570 内線2362
E-mail:design-kobe@office.city.kobe.lg.jp
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)近藤・中野
TEL:078-325-2235 FAX:078-325-2230
E-mail:info@kiito.jp

KIITO:未来のかけらラボ vol.10 トークセッション 家庭菜園のようにエネルギーを楽しむ暮らし

神戸市の都市戦略「デザイン都市・神戸」の拠点施設である「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」では、創造性を育むさまざまな活動に取り組んでいます。この取り組みの一環として、次のとおりイベントを開催いたしますので、ぜひご参加ください。

未来のかけらラボ vol.10 トークセッションの画像1エネルギーというと、誰かが一方的に供給してくれて、自分としては使うことしか考えないことが多いのではないでしょうか?電力会社、ガス会社、石油元売り会社、どれも巨大過ぎて、とても自分とは関係ないものに思われるかもしれません。しかし家庭菜園で作物をつくるように、自分でエネルギーをつくりはじめると、まったく違う世界が見えてきます。今回の「未来のかけらラボ」では、「ほしい未来は、つくろう」をテーマにしたWebマガジン「greenz.jp」を発行する鈴木菜央さんをお迎えし、再生可能エネルギーに基づく新たなライフスタイルの楽しみ方を語っていただきます。

未来のかけらラボ vol.10 トークセッションの画像2|日時|平成29年6月14日(水曜)19時~20時半
|会場|KIITO 1Fカフェ
|参加費|500円(1ドリンク付き)
|定員|40名(事前申し込み制・先着順)
|申込み|平成29年4月26日(水曜)14時よりウェブサイト(http://kiito.jp/)にて申込み受付開始
|講師|鈴木菜央(NPOグリーンズ代表/greenz.jp編集長)
|モデレーター|芹沢高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸 センター長)
|主催|デザイン・クリエイティブセンター神戸

講師プロフィール:鈴木 菜央(すずき なお)

鈴木 菜央NPOグリーンズ代表/greenz.jp編集長
1976年バンコク生まれ東京育ち。2002年より3年間「月刊ソトコト」にて編集。独立後06年「ほしい未来は、つくろう」をテーマにしたWebマガジン「greenz.jp」創刊。千葉県いすみ市在住。家族4人で35平方メートルのタイニーハウス(車輪付き)にて、小さくて大きな暮らしの実験中。著作に『「ほしい未来」は自分の手でつくる』(講談社 星海社新書)。

「未来のかけらラボ」とは

現代社会はさまざまな意味で混迷を深めています。未来が見えにくくなっており、そのために、希望を感じにくくなっているとも言えるでしょう。このラボはセンター長・芹沢高志をモデレーターに、身近に散らばる多様な未来のかけら、つまり可能性の芽を拾い集め、草の根的に自分たちの未来を思い描こうとしていく試みです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室広報戦略部広報課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階